ガネーシャガルの営業再開は3月4日

関根橋のカレー屋さんガネーシャガルにいろいろあって、そのあと西荻案内所でお手伝いしていたのは、こちらこちらの記事のとおり(トークイベントの報告はこちらです)。元のお店復旧工事もようやくめどがつき、3月4日に営業再開するとのご連絡をいただきました。

このピンチをチャンスに変えたいっという松岡さん(ガネーシャガルのオーナーさん)、単なる復旧ではなく、お客さんがより楽しくなるようなお店づくりで、他のインドカレー店とのちがいをみせたいところ。

というわけで、中央構造線旅行(和歌山〜松山)から戻った翌日に、工事中のお店に様子見に行ってみたらば、ちょうど壁画作成中。描いているのはハラダエリコさん。神明通りの朝市や手しごと市で似顔絵を描いているあの人です。そうそう、昨年(2016年)の西荻ラバーズフェスのメインビジュアルを担当した人といえば、わかりますよね(下の絵、覚えてますよね?)

今回の壁画、見たところかなりの大作! 上の写真にはトラとガネーシャだけですが、この左側にもストーリーが見えてくるようなパノラマイラストが展開していました。こちらの完成も楽しみ!

お店の方は、いつも陽気なネパール人スタッフが準備万端。あれこれカレーが選べるのはやっぱり楽しいですよね。今回のかがやき亭で人気だったモモはどうなるのかしら。今回のことをきっかけに、ネパール人のヘムさんやラムさんとFacebookでお友だちになったのですが、ヘムさんの投稿でなにやら陽気に歌を歌ってる様子がアップされてました。オープニングの余興の練習?

あっ、カレーの写真をアップするのを忘れてた。下の写真はランチのダブルカレー。(西荻案内所撮影)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。