【西荻案内所日誌2017/5/27】ガネーシャガル、湘南カレーフェスに参戦

西荻北のインド料理ガネーシャガルさんから、「湘南カレーフェスというイベントに参加することになったので、ブースの飾りつけをちょっと考えてくださいよ〜」との連絡をいただき、あれこれこしらえました。

いつものスタッフからはビールさんが湘南へ。私たちも最初だけ会場にお邪魔してきました。東京カリー番長の出店ほか、都内中心に有名カレー屋のテントやキッチンカーが20軒くらい並び、その中の一つが西荻代表ガネーシャガル。

会場の湘南T-SITEは、JR藤沢駅と辻堂駅の間、広大なパナソニックの工場跡地の一部に作られた複合商業施設です。その中心となっているのは蔦屋書店(ツタヤ)。本を中心に様々な文化やライフスタイルに対応しているお店で、一日中いても飽きませんし、居心地もいいです。ただ、車がある人向けの立地で、車がない私どもは藤沢駅からバスに乗りました。周辺は100軒以上の新築の家。湘南T-SITEはこの工場跡地のニュータウンの真ん中らへんにあるのです。新築の建物はどれも意匠が似ていて、住む人は迷子にならないのかしらなどと心配になりましたが、全戸太陽光発電つき。なんだか未来に来てしまった感があります。
この湘南T-SITEでは、毎週のようにイベント開催、毎日のようにワークショップなどもやっていて、もはやひとつの「街」として完結している様相すらあります。食品は道を挟んだところにあるヨークマートへ。すごく便利。ちょっとこわいくらいに。

話が脱線しました。出来たブースはこんな感じです。センターに円形のガネーシャガル・ロゴを配置。インド布でつくったガーランドを伸ばし、テーブルにはガネーシャガルのロゴなどにも使っている色に近い色の布。メニューは2種。写真パネルにするだけでは高級感がでないと思ってフレームへ。会場でひときわ目立っていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。