【続・西荻案内所の紹介11/21】クラシック音楽をレコードで楽しもう

11月3日〜23日、アートイベント「トロールの森」にあわせて西荻案内所が、西荻窪駅高架下に3週間だけ復活! その名も続・西荻案内所です。

21日間、日替りの西荻案内人が立ちます。それぞれ得意分野や西荻でやっているビジネスをいかしながら西荻案内をします。夜の時間帯は連日イベントあり。本HPでは順次、日替りの西荻案内人を紹介しています。

11月21日は「クラシック音楽をレコードで楽しもう」。クラシック音楽のLPレコード専門にインターネットで販売しているSilent Tone  Recordの影山智さんが西荻案内人。

 

クラシックに興味はあるけど、何から聞けばよいのかよくわからない人、レコードのジャケットに興味がある人、そんなすべての人にクラシック音楽の魅力、レコードの魅力を紹介します。

イブ・サンローランのロゴのデザインで有名なアドルフ・ムーロン・カッサンドルのジャケットを中心に、レコード・ジャケットを展示し、クラシック音楽を中心にレコードをかけまくります。
場所は西荻窪駅近くのマイロード(高架下)で12:00から20:00まで。コーヒー片手に(持ち込みOK)読書するも良し、音楽についてしゃべり倒すも良し、思索にふけるもなお良しでございます。
ちなみにオーディオ装置は簡易なレコードプレーヤーとPA機器での再生になります事ご了承下さい。

18時すぎからゆるっと、クラシック音楽とレコードについてのトークショー。チャンキー松本さんと。

続・西荻案内所は、11月3日(金祝)から23日(木祝)まで、西荻マイロード(高架下ステーション街)の中にある「トロールの森よりみちギャラリー」にてオープン。ほかに、佐藤ひろみさんやサム・ストッカーさんの「トロールの森」出展作品や、0円均一企画「0円は三文の得!?」なども実施しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。