【西荻案内所日誌】東京女子大学本館2F新渡戸記念館

祝日の4月29日は毎年、東京女子大学で「園遊会」というものをやっているそうです。よく案内所にいらっしゃる西荻好きのYさんから教えてもらいました。園遊会というのは、いわば同窓会の文化祭。東京女子大卒業のOGのみなさんによるバザーやコンサートなどが催されます。一般人が東京女子大に入る機会は年に何度もなく、11月のVERA祭くらいと思っていましたが、この日も一般開放しているんですね。知りませんでした。先にひとまわりしてきたYさんが、案内所に園遊会のパンフレットを持ってきてくださいました。

それによると、本館(正面の建物)の2F・3Fにある「新渡戸記念館」がオープンしているというのです。ここはいわば女子大の歴史資料館。これまで入る機会がなかったので、さっそく行ってみました。

新渡戸記念館では今回特別に、歴代学長の色紙を展示しています。初代の学長は記念館の名にも残る新渡戸稲造。丸メガネの先輩です。

この記念館は貴重な写真のほか、設計者のアントニン・レーモンドによる当初プラン設計図の複製や、その模型が展示されています。レーモンドの描いた初期プランは、特に学生寮のエリアが充実していて、体育館とグラウンドが校舎と寮とをつないでいる壮麗なものであったことが模型でよくわかりました。

写真資料も初見のものばかり。なかでも戦中期の写真、空襲に備えて白い校舎をコールタールで黒く塗った戦時中の校舎、話としては聞いたことがありましたが、写真で初めて見ることができました。時代の異様な空気を象徴しているような、まだら黒の校舎。ようやくコールタールを除去することができたのは1950年のことだそうです。

また勤労奉仕で乾電池工場となった時の写真もインパクトがありました。それから戦後の学生運動全盛期に撮影された「卒業式ボイコット実施中」のビラを見つめる母親の写真なども。

幾時代かを経た伝統ある学校の重みを感じることのできた貴重な機会でした。最後は丸メガネ先輩とツーショットで記念撮影です。

nitobe

「西荻まち歩きマップ2015」ポスター版の販売について

まもなく「西荻まち歩きマップ」の2015年版ができあがります。5月のはじめころより配布を開始します。
「西荻まち歩きマップ」現物のサイズはB3サイズ(364ミリ×515ミリ)ですが、店頭などで貼りだす、または西荻を楽しみたい個人の方向けに、B1サイズ(728ミリ×1030ミリ)の大判サイズを限定でつくります。有料(2000円)になってしまうのですが、ほしい方は5月6日までに、西荻案内所(nishiogi@topaz.plala.or.jp)へご連絡くださいませ。

map

【速報】2015年5月23日「第2回西荻検定試験」

 西荻を愛する人に、さらに深く西荻のことを知ってほしい。そんな思いから発行された「西荻観光手帖」をテキストにした、「西荻検定試験」を実施します。

 第一回目は2014年1月に執り行われました。およそ70人が受験し、そのうちの4割が「西荻検定3級」以上に合格。うち7名が「西荻検定1級」となりました。西荻観光手帖の再刊もあり、ふたたびだれでも入手が可能な状況となりました。検定試験を受けてみたいという声や、前回のリベンジ希望の声もあり、再び西荻検定試験を行います。

日 時 2015年5月23日(土) 15時〜
会 場 井荻会館(西荻北4-35-9)
受験料  1,500円

受験資格
西荻を愛するものなら誰でも受験できる。日本語を読むことができること。
申込について
西荻案内所の店頭にて受付(受験料先払)、または電話・メール・ファックス等で連絡の上、受験番号を取得後、西荻案内所まで受験料を支払う(店頭または口座振込)
出題範囲
「西荻観光手帖(再刊版)」および「西荻まち歩きマップ2015(地図面)」    ※「西荻観光手帖」初版本を持っている人向きに、初版分についての訂正を近日中に配布します。
※「西荻まち歩きマップ」店舗情報面は範囲ではありません。
出題形式 4択問題50問(試験時間45分/1問2点で100点満点)
合格発表について
5月30日(土)13時より、西荻案内所前に受験番号を掲示。
その後、西荻案内所ホームページにて発表。

合格者には特製の認定証が渡されます。(オマケの特典についてはただいま検討中)
西荻検定1級(90点以上)
西荻検定2級(80点以上)
西荻検定3級(70点以上)
※合格認定証等の引き換えについては、30日13時以降より、西荻案内所にて行います。

〜試験対策〜 受験対策として「過去問(第一回西荻検定試験の試験問題と解答用紙)」を販売する予定。

 

企画・運営 西荻案内所

 

ソボブキエット@かがやき亭(2015.04.19)

soboett

4月19日はかがやき亭で「ソボブキエット」のライブでした。
2月に案内所で開催した龜樂展で、抱腹絶倒の展示&奉納龜樂を披露してくださった龜樂四代目でジャズピアニストの西尾賢さん(ソボブキ)と、名古屋から「遠征」してきた歌姫・西本さゆりさん(ett)のお二人。時にしっとり、時にコミカルに、振り幅は変幻自在。本当に心に残るライブでした。

西尾さんの提案で、当初「1ドリンク付き」だったのが、なんとゴージャスにも「1ドリンク+ソボブキ飯&味噌汁付き」に変更されました。お客さんには嬉しいサプライズ。ソボブキ飯というのは、今が旬の蕗を炊き込んだ(正確にはもっと複雑な手順のようですが)ごはんです。蕗のシャキッとした食感が楽しい春ごはん。それにさゆりさんが名古屋から持参した赤だし味噌でつくったお味噌汁(西荻の豆腐入り)がつきました。

ライブの方は、今回のチラシにインスパイアされ、一曲目が急遽変更に。そういうスリリングないきあたりばったり感もありながら、魔法のように楽しい音楽が紡ぎだされる瞬間に立ち会えてうれしかったです。運営人という特権をフルにつかって堂々と録音したのですが、これは家宝。今日だけですでに2回聴き、楽しかったライブを反芻しています。

live

ピアノに三味線、はたまた塩ビ管にいたるまで、さまざまな楽器を使いこなすソボブキ西尾賢さん。私は「龜樂」からの西尾賢入門でしたので、アケタの店でスタンダード曲を弾く西尾さんを初めて見た時には、そのかっこよさに惚れましたね。そして今回あらためて思ったのは、ピアノもいいけど曲もほんとにすばらしい〜!ということです。なんせ私、音楽シロウトですので、間違っていたらアレなのですが、セロニアス・モンクのラグタイム調ピアノを彷彿とさせる楽しいリズムの『いわな君のうた』、大きな歴史や人生の紆余曲折を、小さな「ぬか床」とあざやかに対比させる『ぬか床の歌』、聴いてるだけでバリバリに元気になってくる『バリゴ節』など。ettの西本さゆりさんとの相性もバリバリであります。楽しくやさしく歌うさゆりさんの声が、こちらで用意したステージディスプレイの菜の花(善福寺産)にもぴったり。もちろんettの名曲も披露。中には幻のファーストアルバムの曲もありました。

さて、龜樂も忘れてはいけません。今回のライブでも「神事」として粛々おきんたまおどりが執り行われました。
手製のほら貝を吹く西尾さん。おでこの味噌汁椀、ピアノ上のプーさん(会場のかがやき亭の備品です)、花柄シャツなどなど、やたらに情報量の多い写真ですね。このあと、チャルメラによる龜雅樂演奏、二拍手1デコの正式礼拝から、唱歌、一丁締めへとつづきました。このライブならではの雰囲気は説明するのがむずかしいです。

horagai

次回の「ソボブキエット」も期待! また西荻でさゆりさんの歌声をききたいです。

4月11日と12日の西荻スケジュールまとめ

4月11日と12日の西荻を楽しむ8つのカギ。

桜が咲いたと思ったら、雪が降ったり、ちょっと不思議な天気の春。4月11日と12日の西荻はイベントが盛りだくさんなので、西荻案内所で情報を整理してみました。遠出もいいけどここはぜひ、近くの西荻で!
西荻を楽しむ8つのカギ」と題して、楽しい7つのことを紹介します。

1)西荻骨董好き祭り(両日9:30-17:00)
毎年恒例、井荻會館の「西荻骨董好き祭り」、両日出展者は入れ替わるので、どちらの日も要チェックです。建物も“骨董”クラス!是非チェックしてください。

2)中野書店ガレージセール(11日11:00-18:00) 新規オープンした閉架式古書店「中野書店古本倶楽部」のとなりの駐車場で、単行本や文庫本などをリーズナブルに販売するガレージセールをやります。 http://nakano.jimbou.net/

 

3)『野呂邦暢古本屋写真集』刊行記念
野呂邦暢古本屋写真展&ミニ古本市(11日)
11時~17時@銀盛会館1階http://d.hatena.ne.jp/seirindou_syobou/touch/20150331/1427792481

4)table 1DAY SHOP (12日12:00-16:00) さくら町会角の「table」で1日ショップ。フリマもあり、お散歩がてらに立ち寄りはいかが。町会の八重桜はこれからが見頃です。「haru.」のお花見弁当とおいなりさん(要予約)がおいしそう! 

5)こけし屋朝市(12日8:00-11:00)
毎月第2日曜日は恒例のこけし屋朝市。

6)落語・演劇・トークショーなど
★11日17:00〜、かがやき亭で「元議員秘書さんに法律ができる過程と政治屋さんのお話を伺っちゃおう」の会。内容はタイトルそのままです。 http://twipla.jp/events/136941
★11日19:30〜、奇聞屋で「即興でお芝居するライブ」。台本・打ち合わせなしのお芝居。
★12日14:00〜、古民家の一欅庵で落語会「古典廻し」。春風亭正太郎、立川笑二。一欅庵の見学会もあり。

7)すてきな展示
ギャラリー蚕室「記憶ノ色彩ヲ巡ル 酒井香奈個展」抽象絵画 http://san-shitsu.com/ ギャラリーみずのそら「金井一郎 灯展」 http://www.mizunosora.com/  写真 2015-04-10 16 14 52 Loupe「トリノコ&ペノポリ 春のプリントを楽しむトートとようふく展」 http://d.hatena.ne.jp/loupe/

Gallery cadocco「手染め糸のお店CIELO★モコモコ展」
http://cadocco.jimdo.com/

 

8)西荻夕市(両日/スタンプは15:00-19:00)
http://nishiogiyuuichi.tumblr.com/

150411yu1

テーマは「花めぐり お茶めぐり

毎回恒例のスタンプラリー↓

大吉おみくじの景品、例えばこんな感じです↓

イベント地図がさくらマップになっています↓ 

*「花めぐり・お茶めぐり」見どころ*

以下、ちょっと盛りだくさんなので、ざざっとご紹介します。

★「cafe nt」と「iitoco」
「店内でお花見」とのこと。どんなふうになっているか楽しみです。
★SU_旬色彩+ナチュラル酵母パン
オレンジピールやラズベリー、いちごや抹茶など、天然酵母のカラフルなメロンパン各種。
su

★ぐーちょきパン屋
桜あんパン
goochoki

★藤の木
いちごのラウンド食パン
fujinoki

★Tipi Arbre 鎌倉KIBIYAベーカリーのパン
★salon+atelier polka
みたかプリン 洋傘パン店
洋傘パン店さんは12日の日曜のみの販売です。
http://salon.atelier-polka.com/info/875066

1504061127512qxd

★アングレーズ 桜のパウンドケーキほか
angrace1

★御菓子司 青柳
春の和菓子
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

★nom ca phe
バインフラン(ベトナムのプリン)

★cotitoハナトオカシト 花の入った色あざやかなサブレ「ハナサブレ」など。 写真 2015-04-10 16 05 55 http://www.cotito.jp/ ★ていねいに、 ベジスイーツ 

http://blog.nishiogiyuyudo.com/

★大岩食堂、シューベル チャイ
★天草製作所 オリジナルカップホルダー
★cafe fuet トッピング乗せ放題ドリンク
★お茶とのり 清風園

★西荻イトチ
◯しみずやのシベリアと紅茶のセット
◯Ω社の「菓子民芸店イトおかし」*お茶とお菓子をテーマにした民芸品(11日)
◯餅つき(!)
http://itoucha.jugem.jp/?eid=593 

★インド料理ガネーシャガル
お薄茶とインドのデザート「スージー」のセット。和と印のコラボメニュー。要予約。
suji

★VIVACEカイロプラクティック

★ナワ・プラサード→タロット占い

★トナリノ ブングクジ

その他ワークショップなど。
◯「お茶碗作り陶芸教室」アトリエすゞ途
11日(土)15時〜 ¥3500 日々のマイカップや贈り物を手作りしましょう!
予約制 03-5938-3888
◯「カカオ豆焙煎→チョコレート作り教室」アトリエすゞ途
12日(日)15時〜¥3500 直輸入カカオ豆を焙煎して、本格チョコレートを作ります。
予約制03-5938-3888 https://www.facebook.com/joinKakaolab
◯「カラフルなみつろうを使ったキャンドルホルダーづくり」Greenbecks CANDLE 1500円 問合:03-5941-7554
http://g-becks.com/candle/

★いまどこ!?イレブン
J:COMの番組、「いまどこ!?イレブン」でも告知を行いました。

【西荻案内所日誌】J:COMチャンネル「いまどこ!?イレブン」ひさびさの生中継

J:COMチャンネルで放送中の情報番組「いまどこ!?イレブン」、11時からの生放送番組です(再放送は同日20時30分)。

4月7日(火)の放送は杉並区。西荻案内所からの生中継。今週末の西荻夕市と、好評発売中の西荻観光手帖についてのお知らせをしました。わたくしの家は3月にテレビが壊れてしまったので、放送を見ることができないのですが、早くもアーカイブがYoutubeにアップされていました。このスピード感にびっくりです。下に埋め込んでますのでお暇な方はご覧ください。2分後スタートです。冒頭のお天気カメラには飲んでたお茶を吹きました。

西荻夕市の告知ということで、ぐーちょきパン屋のパン、SU_の限定メロンパン、カフェフェトのトッピングドリンク、カフェ・カノンのワンコインカレーとSAYURIライブ、グリーンベックスキャンドルのワークショップ、工房風花の手描きグッズなどを紹介しました。それぞれのお店の方に集まっていただきました。SU_さんがめっちゃスマートにお店の紹介をされていたのが印象深いです。イケメンは緊張しないのか〜。

西荻夕市「花めぐり お茶めぐり」は4月11日・12日。恒例のスタンプラリー&おみくじもありますので、是非チャレンジして下さいね。

最後のところで茶舗あすかさんが、音声なしの状態でパクパクとなにか言っているところで番組が終わっていますが、その時にあすかさんが言いたかったことは以下のとおりです。

「西荻夕市のマップは、西荻案内所のほか、中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪の各駅前にある『なみじゃない、杉並』あるあるラックに入っていますので、ぜひお手にとってごらんください」

最近はテレビ収録も少し慣れてきましたが、さすがに生放送は緊張しますね。自分が変なことを言いやしないかとひやひやしていました。

(2015.04.05)庄司先生の西荻立体模型図

昨年11月に開催した「西荻暗渠探検」や今年2月に開催した「西荻地図ナイト」など、西荻の地理にまつわるイベントや研究会を怠らぬ西荻案内所。日々さまざまな情報を集めております。

2月には、宮前の慈宏寺さんで「西荻暗渠探検報告」をもとに、暗渠研究の(西荻暗渠探検でもとってもお世話になった)吉村生さんが松庵川について講演会をしました。慈宏寺さんで時々行っている井口大吉さんの講演会「大宮前歴史探訪」シリーズとの同時開催。境内にある暗渠についてのお話ですから、なかなか熱気のあるアツい会場となりました。

その開催数日前に、案内所に来た初老の男性。案内所に掲示されていた「大宮前歴史探訪」のビラを見るなり、「こりゃおもしろそうだね」と即予約をされていました。

実はこの方、庄司歯科の庄司先生。3年ほど前まで西荻北にあったレトロ建築の歯医者さんです。西荻建築ウォッチャーのみなさんならもちろんごぞんじですよね。

さてその庄司先生、後日ふたたび案内所にいらっしゃいました。「ちょっとつくってみたんだよ」と抱えた包みから取り出したのがこの模型。

meiji

 

明治時代の地図を等高線で立体にし、現在の地図も重ねあわせています。いや〜精巧!さすが歯医者さん! 庄司先生いわく、明治時代の等高線によると松庵川と思しき川の流れはまったく見当たらない。つまり松庵川は大正のころに作られた川なのだ、ろうという結論でした。ふむふむ。こちらの地図は西荻案内所に常時展示していますので、興味のある方は見にいらして下さいね。赤いポイントは西荻案内所の位置です。

さらにさらに! 庄司先生は現在作成中の地図を見せてくださいました。それがこちら。

IMG_2244

こちらの地図はぐぐっと時代が最近になりました。等高線がギザギザと詳細です。右側を流れるのは善福寺川。ここで注目なのは左上からの溝状地形。これぞまさに松庵川の流れではないですか。明治の地図にはまったくなかったものが、ここにきて浮かび上がってきました。こちらの模型も完成したら持ってきてくださると言ってました。

それにしても細かい! 実際は微高地形ですが、模型だとグランドキャニオンのような大峡谷の様相です。西荻の大峡谷、はやく覗きこんでみたいです。

4月18日(土) 西荻観光手帖カスタマイズワークショップ開催

みなさん、もう一家に一冊「西荻観光手帖」は手に入れましたか?

来たる4月18日(土)、西荻案内所では、発行当初よりの目的だった西荻観光手帖のカスタマイズをするワークショップを開催します。
ペン差しをとりつけたり、モレスキン風にゴムで止められるように加工したりと、あなたの「西荻観光手帖」をカスタマイズして、より便利に使える、あなただけの西荻観光手帖にしましょう!というワークショップです。
ワークショップ講師はなんと、お店を昨年、西荻での店頭販売からネット販売メインに切り替えた伝説の文房具屋「UBIK」の池田さん
アイデアあふれる池田さんのカスタマイズ案などもききつつ、楽しく作業できればと思います。

これに合わせて西荻案内所ではただいま、期間限定で「UBIK」オリジナル文房具のうち、西荻観光手帖にちょうどよいサイズのリフィールやフォルダやインデックス、ノートを扱っています。そもそもUBIKさんのオリジナルノートがなかったら、「西荻観光手帖」はこの形にはなりませんでした。

西荻観光手帖カスタマイズワークショップ
4月18日(土)19時〜20時30分
料金→2000円(飲み物付/材料費込/おみやげ付)
講師=池田史子(UBIK)
定員=6名
必要な道具→カッター、はさみなど
持ち物→お手元の西荻観光手帖(配布版・販売版のどちらでもOKです)
申込=西荻案内所 nishiogi@topaz.plala.or.jp 03-6454-7663

IMG_2332