日帰り諏訪の旅

西荻案内所日誌、西荻のことはさておいて旅日記になってます。すいません。今回はチャンキー松本さんといぬんこさんを誘って、長野県の諏訪地方に行ってきました。運転免許を取得したばかりのチャンキーさん、私もそうですけど、東京にいると運転機会がないですから、いざというときに不安ですよね。それを払拭するための運転練習も兼ねてます。神社に行って、諏訪湖を見て、そばを食べ、温泉に入って、無事帰ってくると。そういうプランであります。

諏訪といえば、古事記の国譲り神話にも出てくる古い地名です。
天照(アマテラス)大神傘下の「愚連隊」筆頭・武甕槌命(タケミカヅチ)が、シマを仕切っていた大国主(オオクニヌシ)神に向かって「ワレ、ちょっと国をゆずってくれんかのう」と理不尽な要求をします。そこで腕に覚えのある大國主の息子・建御名方命(タケミナカタ)がタイマン勝負を仕掛けます。ところがどっこい、武甕槌命はキラリと光る物騒なものを隠し持っていたんですね。こりゃいかん殺られるぞと、タケミナカタが逃げた先が諏訪だったというわけ。

チャンキーさんたちは旅芸人のように日本のあちこちから呼ばれて仕事をしているのですが、その場所が鳥取だったり佐渡だったりと、いわゆる「裏日本」が多いんです。鳥取県大山町では2ヶ月滞在してアニメをつくったりもしていて、その縁で西荻案内所で大山町の物産販売をしたこともありました。鳥取の隣が出雲のある島根。鳥取にも神話にゆかりのある場所が多いです。大山町に行った時、家の瓦にエビスの顔がはめこんであるのが印象的でした。国譲り神話のもう一つの話に出てくる、事代主命(コトシロヌシ)。諏訪の神、タケミナカタとは兄弟なんですよ。エビス=コトシロヌシですので、今も自然な形で崇敬を集めているんでしょうね。国つ神のいる諏訪と鳥取、どこか似ているところがありそうと思っていた次第。

で、「諏訪に行きましょうよ」とチャンキーさんを誘ってみたら、「おおっ来たな!」と驚いてるわけです。どういうことなのかというと、写真家のMOTOKOさんからつい最近、「諏訪に行って下さい!」とダイレクトメッセージが飛んできたばかりだというんです。
というわけで、諏訪の神様に呼ばれるように、私どもは早朝に西荻を出発しました。

**

諏訪は地質的にも「日本のへそ」みたいな場所です。東西をわける中央構造線と南北を分ける糸魚川静岡構造線、日本を代表する2つの地質境界が交差するのがこの諏訪です。そんな場所にタケミナカタが逃げこんだのにはたぶん何か理由があったはず。それについてはあとでちょっと考えるとして、ともかくタケミナカタとされる集団が、別の集団に追われてここにたどり着いた、という経緯が実際にあったのでしょう。

さて、その諏訪でチェックすべきものナンバー・ワンが諏訪大社。諏訪大社って4つもあるんですよ。知ってました? 上社・下社とあって、それぞれ、本宮・前宮、春宮・秋宮と分かれている。なんで4つもあるのかはさておいて、諏訪大社の神様は言うまでもなく建御名方命。はるばる出雲からやってきて、今はこの地で敬われています。
この4つもある諏訪大社のどこに行ったらいいのか。全部回る時間はないのでどこか一箇所または二箇所に決めねばなりません。そりゃあ、名前からしたら「上社本宮」がいかにもメインっぽいですよね。そこで、写真家のMOTOKOさんからタレコミ情報再び。「ともかく行くべきは上社前宮!」……言われるままにナビを上社前宮にセット。ビール工場と競馬場の間をぬけ、中央フリーウェイを西へ向かう西荻案内所一行です。

IMG_4299

諏訪に着きました。諏訪大社上社前宮は、ピカピカの御柱に囲まれていました。つい先日、数えで7年に1度の御柱祭を終えたばかりなのです。境内には欅の巨木が多数あり(本殿裏の巨木はすさまじい立派さでした)、御柱がつくる結界とともに、神域の空気を引き締めます。

MOTOKOさんが上社前宮をお薦めしたのは、「ここが一番、縄文の習俗を残しているから」という理由でした。諏訪地方というのは縄文時代の遺跡が多数あるんです。
でも神話の世界って、縄文よりずっとあとの時代を指してますよね。今回は実は、そのあたりのことが気になってたんです。そもそも諏訪に興味を持ったのは諸星大二郎『暗黒神話』でした。あの中でタケミナカタは異形の怪物として登場します。諏訪大社は、もともと諏訪にいたミシャグジという蛇の神様を祀っていたものともいわれています。『暗黒神話』に出てくるタケミナカタは明らかにミシャグジをイメージさせるもので、諸星先生はミシャグジ=タケミナカタというフレームをつくっていました。

ところが、現地に行くとちょっとニュアンスが違うんですよね。上社前宮のあとに行った、今回の事実上の目的地、「神長官守矢史料館」で教えてもらいました。

IMG_4354

神長官というのは、諏訪大社の神事を司る重要なポジションで、守矢さんは代々その神長官を受け継いで来た家です。明治時代に国家神道の方針で、神長官の世襲はなくなります。天皇家に準じた系統を持つ家柄を排除していくという方針があったんでしょうね。

もともと守矢さんは、そもそも諏訪あたりを仕切っていた「洩矢神」を祖先に持っているとされているのです。洩矢神って誰?古事記に出てこないんですけど……。

IMG_4318

上社前宮の最重要神事が4月15日に行われるという「御頭祭」。75頭の鹿の首や、串刺しにした兎を神饌として供えるのですが、神長官守矢史料館はその様子を再現しています。多くの神社が「農耕儀礼」であるのに対して、確かにこれは狩猟=縄文

館内で説明をしてくださったガイドさんの話を聞いていると、この地にもともといた洩矢の神がタケミナカタの神とモメて、結局洩矢の神はタケミナカタの配下となったという話があるんだそうです。タケミナカタは出雲から農耕をもたらしたんですよ〜という説明をスラスラとしていて、神話を完全に史実としてとらえていることに少々驚きました。

ちなみに、このディスプレイや建物は、守矢さんの隣に住んでいたという建築家の藤森照信さんによるもの。すぐ近くには照信さん作の有名な茶室もあったのでついでに行ってきました。

IMG_4349

この「高過庵」、御柱をイメージしているのでしょうね。2本の木だけで支えられているんです。ここと神長官守矢史料館の間に、超重要神社がありました。

IMG_4332

御左口神社。そう、ミシャグジ神社なのです。鹿の角や頭の骨がお供えされていました。つまり、ミシャグジとは洩矢の神さまのことであり、もともとこの地にいた縄文の神だったのです。諏訪大社で一番古く、縄文を髣髴とさせる最重要神事を擁する上社前宮の祭神は、本当は誰なのか。……おっと、これ以上言うのはやめておきましょう。

***

見晴らしのいい山の上のそば屋で腹ごしらえ。

IMG_4356

このあとどこに行くか、暑さをしのぐために途中で寄った、その名も「エスケープカフェ」で作戦会議。せっかく縄文方面の見聞が深まってきたから、そっちの方向で行くことにしました。目指すは茅野の尖石縄文考古館

IMG_4368

ここには国宝土偶が2つもあるんです。ひとつがこの通称「縄文のビーナス」。たっぷりとデフォルメされたボディ。数千年前の作品とも思えぬフォルムの抽象加減。「歴史」に残らぬ豊かな文化がそこにあったんだということを、力強く示しています。

IMG_4394こんな遊び道具もあったんですけど、やけに難しいんですよね。模様の複雑さがそうさせているのだと思います。

IMG_4377いや、馴染みすぎでしょ! 縄文生活を実践している現地スタッフかと思いました。記念撮影?コーナー。

IMG_4373さり気なく展示されているこの土器、どこかで見たことがある!

IMG_1995井草八幡宮所蔵のわれらが顔面把手付釣手型土器にそっくりです! 分類としては極めて近い土器が西荻と諏訪のどちらもで出土しているんですよ。もうまちがいなく、大昔のつながりがあったのでしょう。ざっと5000年前の話です。
この尖石縄文考古館には、黒曜石もたくさん展示してありました。黒曜石は石器の材料で、簡単に鋭く加工することができ、鏃などで使われました。ここで採れた黒曜石をつかった石器は、西荻でもたまーに出土するんです。黒曜石って日本国内でもごくごく一部でしか採掘できないんですね。つまり大昔の諏訪の人びとは、貴重な黒曜石を使って交易をしていたのでしょう。それがもとで豊かな文化が花開いたと。
そこにタケミナカタがやってきたんです。おそらく金属製の武器を持って。文献はなにも残ってないけど、物が語る。
地質学の方はぜんぜんわからないのですが、2つの地質境界がまじわっていたから、黒曜石がいっぱい採れるということなんでしょうか。詳しい人にきいてみたいところです。

このあと、近くの「尖石温泉縄文の湯」にさっとつかり、山奥のシャレオツなパン屋でパンを買って、高速を東へ東へ。無事に西荻に戻りました。

せっかくだから車で行く店でごはんを食べようと選んだのが、善福寺の「くら寿司」でした。初体験でしたが、洗練されたオートマチック機構にびっくり。ははあ、これは行列ができるわけだ。大昔をめぐる旅の最後はなぜかSF的回転寿司で〆。寿司屋でカレーうどんやラーメンを食べながら、呆然と旅の余韻にひたる一行でありました。(おわり)

西荻クリエイターズワークショップ(ヨロコビto)開催

main_title

8月2〜10日、ヨロコビtoさんとの共同企画「西荻クリエイターズワークショップ」を開催することになりました。フライヤー配布がはじまっております。個々のワークショップは後日紹介しますが、ヨロコビtoさんのウェブサイトにはひとまずの情報がそろってますのでそちらを参照して下さい(http://yorocobito-g.com/workshop/)。

西荻案内所は8月6・7日に「西荻(妄想)オミヤゲ企画会議!」。
6日「オリジナル雑貨をつくってみよう!」(ふるくぼまゆ・河村アントン・ねもとなおこ・西荻案内所)
7日「新しい西荻みやげを作ろう!」(西荻案内所)
の2本立て。

2日は渡邉知樹/ぺぺぺさんの「日めくりカレンダーのネタを考えよう!

3日は會本久美子さんの「ソーマトロープで動く動物を作ろう!

4日は西谷直子さんの「空想の世界にいるキャラクターを描こう!

5日は、「西荻式ダイエット」本でお世話になったイラストレーターの鈴木勇介さんによる「似顔絵の描き方」と、西荻案内所に会った来所記念スタンプを作成したホリビッシュさんの「消しゴムはんこを作ろう!」。

6日の夜は、白ふくろう舎さんの「オリジナル仮面を作ろう!

9日は、西荻の六貨さんとギャラリーcadoccoさんの合同で「夏のいれものを作ろう!〜Summer in box, Summer in bottle

10日は、「西荻縄文ツアー」でお世話になったイラストレーターで帽子作家のスソアキコさんが「麦わら帽子につける飾りを作ろう!」。

もりだくさんのよりどりみどり! お申し込みはヨロコビtoさんへ。ご参加お待ちしております。

 

annaijyo

ズビズバー(西尾賢+西本さゆり)西荻ライブ8月28日開催

zubi

音楽ユニット・ズビズバー(ソボブキ・エット・デュオ)のCD発売を記念したライブが、生誕の地「かがやき亭」に凱旋です!

アケタの店などで活躍するジャズピアニストで、捏造伝統芸龜樂四代目の西尾賢さんと、名古屋の歌姫、ettの西本さゆりさんの二人組。

今回発売のCD、ジャケット・デザインは西荻案内所(奥秋圭)。イラストは北林研二さん。
北林さんのイラストは、高円寺のグッドマンというライブハウスで8月に展示あり。詳細はズビズバー公式サイトをチェックして下さい。

なお、CDを先に入手したいという西荻在住の方に朗報! ズビズバーCD茶舗あすかさんで購入することができます。今のところ、ライブと通販でしか売ってないですから、貴重なチャンス。茶舗あすかに行って「ズビズバーCDありますか」とお願いすると、奥の方から出してくれます。

CDにはライブ音源も入っていて、去年4月のかがやき亭(ズビズバー結成?ライブ)の時の音も使用。

西荻・かがやき亭(西荻北4-4-4)のライブは
2016年8月28日(日)19時スタート。
料金=2,500円(1drink付)
西荻ライブのご予約は西荻案内所で受け付けてます。
nishiogi@topaz.plala.or.jp(西荻案内所)
090-9234-6044(西荻案内所/オクアキ)
※お名前と緊急時の連絡先(メールor携帯番号)をお知らせください。

なお、日にちがどうしても合わない方は、前後で都内の他の場所でもライブをやりますから、そちらをご検討下さいね。8月26日(金)高円寺グッドマン27日(土)池袋バレルハウス9月7日(水)下北沢440です。

ステキイラストの北林研二さん、タンブラーに習作をあげていらっしゃってます。

曲の雰囲気を知りたい方は、こちらのYoutubeをチェックして下さいね。

写真は去年4月、西荻案内所前にて。

IMG_5822

閉所から3ヶ月・「分所」ごあんない

西荻案内所は2016年3月31日に閉めまして、はや3ヶ月が経過。今はあそこの場所がすっかり更地になってるのは、みなさんご存知かと思います。いや、更地どころの話でなく、あの場所が地面ごとなくなってるんですよね。こう書くとSFみたいですが、要するに地面が深くえぐられてるんですよ。実はあの建物、地下室があったので、新しく建て直すにあたり、その地下部分から手をつけているということのようです。

工事関係者のいなくなった夕方、安全柵の隙間から覗きこむと、その小さな更地にぽっかりと、深い穴があいていてどきっとします。なんだかんだ言っても西荻は東京23区内、この小さなスペースをどのように有効活用するか、大家さんたちも頭を悩ませているんでしょうね。
まあ、かといって、地上げ屋さんが駅前の土地をまとめて買い上げ、20階建て・30階建てのマンションが建ち並ぶような状態になるのは、果たして西荻にとっていいことなのかどうか。やっぱり街にはごちゃごちゃしたところや、スキマがあったほうが楽しいですよね。案内所跡地に限らず、駅周辺の地主さんたちにしっかりふんばってもらって、今の雰囲気が残っていったらいいなあ、五輪後も。

ちょっと脱線しましたが、今回は、転んでもただでは起きない(?)西荻案内所が、その機能を分散させてますよ、というのでいくつかお店をご紹介します。

IMG_4441

西荻案内所にあった西荻資料の主なものは、どなたでもご覧いただけるよう、「カフェモナミ」さんにあずけてあります。いわば「西荻文庫」です。ちょろっと西荻が出てくるマンガから杉並區史まで、いろいろあります。貸出はしておりませんが、店内で読んでくださいね。ケーキセットがオススメ。モナミさんありがとうございます。

IMG_4453

タウンペーパー「西荻丼」のバックナンバーは、南口の「喫茶凸」にあずけてあります。奥の部屋のマンガコーナーの一角です。でっかい段ボールのは限定各一冊の「西荻丼大全集」。かさばるのが玉に瑕。
フォルダからはみ出してるバックナンバーはお持ち帰り可能のやつです。かなり僅少となりました。凸さんありがとうございます。

IMG_45844月1日以降「西荻案内所本舗」を自称しているのは、ご存知「茶舗あすか」さん。夢飯のとなり。案内所メンバーの一人です。ギャラリーやパフォーマンスのチラシ類等はこちらの店先に少しあります。今後はこちらに、ちょっとした西荻グッズを置かせてもらったり、西荻まち歩きマップ2016(現在発行準備中!)の在庫を置かせてもらったりする予定です。あすかさんよろしくお願いします。

IMG_4537

ちなみに、地蔵坂に新しくできたお菓子屋「Kies」の入口黒板って、案内所で使ってたカレンダーボードが再利用されてるんですよ。オシャレな場所で再利用していただいてるのを見かけると、ついついうれしくなりますね。

西荻案内所、この半年の予定を近々発表。
西荻まち歩きマップ製作のほか、もう時期が近いですが、夏休みのワークショップ、秋の暗渠イベント「西荻ドブエンナーレ(仮)」を計画しております。

ひきつづきどうぞよろしくお願いします。

ガネーシャガルさんの店舗案内つくりました。

 

gane

 

3月末に西荻案内所を閉めてから少しずつ、西荻内のお店からお仕事をいただいております。関根橋のすぐそば、インド料理の名店「ガネーシャガル」さんのお店案内フライヤーを作らせてもらいました。

ganesha

いろんな場所で置いていただけるよう、ハガキ大の二つ折りにしました。西荻エリアでは大げさではなく3ヶ月に1軒くらいのペースで、日々カレー屋さんがオープンしまくっておりますが、なぜかどこも、チラシのテイストが一緒なんですよね。インド・ネパール料理専門の代理店でもいるのでしょうか(どうやらそういうのが本当にあるらしいです)。

よくあるインドカレー屋さんのチラシっぽくならないように注意しつつ、高級感がありながらやわらかい印象にしてみました。

写真の一部は私が撮影しておりますが、中面のメイン写真やタンドリーチキン、デザートの撮影は、Sakai Keikoさん。(ちなみに表紙面のスペシャルターリーセットとスタッフさんスナップは、わたくし撮影です)

表紙面にあるかわいい象のイラストを描いたのは、松岡美由起さん。松岡さんは、実は西荻でお店をやっている方。関根橋のそばのカレー屋さん。そう、ガネーシャガルのオーナーさんなのです! こんな特技を持ってらっしゃるとは!

IMG_2624

こちらはフライヤーに使われなかったビリヤニの写真(わたし撮影)。おいしいのでこちらに掲載(笑)。

***

西荻案内所ではお店のフライヤーやショップカード、メニュー表などデザイン印刷等うけたまわっておりますので、お気軽にお問い合わせください。近くにいるので、ちゃちゃっとお店にうかがいますよ。

お問い合わせ:nishiogi@topaz.plala.or.jp(西荻案内所)

そうそう、カフェモナミさんのメニュー表も、西荻案内所でリニューアルしております〜IMG_4436

 

 

 

山形に行ってきた(8)羽越本線で栃餅を食べながら本を読む

(前回まで)骨董店・木土藍楽の渡部さん(ナベさん)の仕入れに便乗して山形へ。温海温泉から東京に戻ります。

今回が最終回。ここまでのまとめです。

山形に行ってきた(0)旅行計画
山形に行ってきた(1) 聖地に近づくその1
山形に行ってきた(2)「旅のロマン」を求めて
山形に行ってきた(3)勝負師、北へ
山形に行ってきた(4)瀬見温泉の喜至楼その1
山形に行ってきた(5)喜至楼その2〜五月雨最上川
山形に行ってきた(6)聖地に近づくその2
山形に行ってきた(7)温海で和亀捕りのおばちゃんに出会う 

IMG_3100今日はあつみ温泉駅から東京に戻ります。
新庄までもどり、それから山形新幹線に乗るのもあるのでしょうが、戻るよりは前に進もうというわけで、羽越本線で新潟方面へ向かうことに。
温海温泉からほど近い「鼠ヶ関」に、よさげな灯台があることは事前調査で知っていたのですが、加茂水族館で灯台ハントをしてしまったので、今回は通過。
到着した列車は二両編成、前と後ろで色違いになっていて、前には男子学生、後ろには女子学生ばかりがなぜか乗っており、それぞれおそろしくにぎやかでした。朝の陽光に照らされきらきら光る日本海を見ながら、列車は新潟方面へ。奇岩が連続する「笹川流れ」を過ぎたあたりでしょうか、景色を見ているうちにだんだん眠くなってきました。気づくと女学生たちは全員下車し、車両には私たちだけになっていました。
村上駅が終点。乗り換えに30分以上あるので、ぶらり途中下車です。

IMG_3110

駅前にステキ案内所あり。筆字の看板、昔ながらの商家建築で、屋根には太陽光パネル、隙がありません。案内所を見つけたらもちろん「視察」です。ここで本を買って再び列車へ。

今回の旅ではいくつかの本を事前に読んで事前調査しました。また、旅の途中で購入した本もあります。それから、「これは読んでおけばよかったな〜」という本もいくつかありました。ちょっとここらで、山形県を知るための本、旅で出会った本をまとめておきます。

***

山形を知る本

okunoまずは、読んでおけばよかったなあと思った本。

東北旅行の大先輩、松尾芭蕉先生の「おくのほそ道」を挙げねばなりません。山形を知るための最重要文献その1です。

そこかしこに芭蕉の足跡があり、これを事前に読んでおけば、10倍は旅が楽しめたんじゃないかと思いますね。ナベさんが嘆いておりました。「芭蕉が最上町で詠んだ句、『蚤虱馬の尿する枕もと』ってのがあるんだけど、宿でぞんざいな扱いを受けたことが記録として残っちゃってるんだよね。こんなことだったら、もうちょっといいところに寝かせてあげればよかったのに……」。何百年も読まれ続ける古典にログが残るってのはおそろしいことです。

 

okuchiもうひとつの最重要文献は、イザベラ・バードの「日本奥地紀行」。実は鞄の中にひそませていたのですが、読む時間がありませんでした。

本来なら日本人が残しておくべき事柄なのでしょうが、近すぎてその大切さがわからんのでしょうね。結局「よそ者」がまとめたこの紀行文が当時を知る一級史料になっています。読んでおくと、かなり見えるものが違うのではないでしょうか。次に山形に行く時までには読んでおきたい一冊です。

 

 

onsen瀬見温泉の「喜至楼」の写真を個人アカウントでUPした時に教えてもらったのですが、つげ義春がこの「つげ義春の温泉」のなかで喜至楼をイラストにしているんだそうです。まだこの本自体を手に取っていないので、詳細がわかりませんが、近々入手したい一冊。

「ゲンセンカン主人」なども温泉地が舞台でしたし、漫画作品のほうも再チェックしておいて損はなさそうですね。

 

 

 

shiba

結局事前に読めたのはこの一冊だけ。司馬遼太郎「街道をゆく10 羽州街道」。とはいえこの本がカバーするのは主に米沢。米沢藩の士族たちのことが、例の如くの博覧強記、司馬遼太郎節全開で書かれています。今回は米沢方面にいかなかったので、ちょっと的を外してしまったかもですが、そっち方面に行くならチェックしておくと楽しめるでしょうね。

 

 

 

yamabusi坂本大三郎「山伏ノート」。坂本さんは若き山伏として活躍中。西荻窪のおとなり、荻窪駅近くにある有名カフェ「6次元」でトークショーもされていました(タイミング悪く行くことができなかったのですが)。

この旅行記の3回目「「旅のロマン」をもとめて」の回で立ち寄った山形市七日町のとんがりビル内ショップ「十三時」の経営者でもあります。私たちが行った日もレジにいたのは坂本さんでした。この時「十三時」で購入した本も、とってもオススメ。

 

IMG_4425

山形をいく REDISCOVER YAMAGATA」(みちのおくつくるラボ編・平澤まりこ絵)がその本。山形に生きるさまざまな方の「STORY」が綴られ、美しい写真と平澤まりこさんのイラストが添えられています。判型もかわいらしいです。この本は「山形ビエンナーレ〜みちのおく芸術祭」の時に発行されたものです。ビエンナーレは2年に1回。今年10月ころにまた芸術祭があるそうですよ。

その下にあるのは途中下車した新潟県村上市の観光案内所で入手した「むムm むらかみのごくごくふつうのくらしをならべてみました」という本。村上の特徴を「町」「家」「食」、そして「鮭」と「茶」という5つのカテゴリーに分けて紹介しています。イラストもきれいで見やすく、図鑑のようで、なにより村上を愛している人たちがつくっているんだということをひしひしと感じることができる、すばらしい本でした。わたしらがつくった「西荻観光手帖」のコンセプトにも似ています。いろんな地域でこういう本ができたらまず買うなあ。村上に行く人はまず、観光案内所でこれを買ってください!

***

さて、その観光案内所で、村上名物の紅茶(のペットボトル)を買い、新潟までの電車で、温海温泉で買った栃餅を食べました。

IMG_3112栃餅は、やわらかく、中のあんこはやさしく甘く、栃の独特の味わいもあって、とても美味しいものでした。たくさん入っていたので、残りは明日の朝に食べようと西荻まで持ち帰りましたが、翌日にはもうすっかり固くなっていました。西荻でもちゃんと毎日お餅を搗いている和菓子屋さんの大福は、翌日固くなってしまいますよね。一日経った栃餅をかじりながら、毎朝ちゃんと栃餅をつくっている、山形のあの小さなお店のことを思い出しました。(「山形に行ってきた」終わり)