「西荻窪に活きているネパール」報告

かがやき亭にて臨時営業中の、関根橋のカレー屋さんガネーシャガル。2月17日は特別企画として、映画上映とトークイベントを開催しました。

これはかがやき亭での営業についての打合せの場に、たまたま「あなたの公-差-転」の太田エマさんがいらっしゃったことがきっかけだったのは、こちらの記事で書いたとおり。

バイキング形式の料理もあり、おかげさまで会場は満員。前半は7人のネパール人(うち5人がガネーシャガルのスタッフ)におしゃべりをしていただきました。

まずは5人のスタッフ(ブッタさん、ヤムさん、ラムさん、ヘムさん、ビールさん)たちがふだん日本でどんな暮らしをしていて、どんなことを考えてるかをお聞きするコーナーから。そろってお祭り好き、特にラムさんとビールさんは、ネパールに帰りたくなるのはどんな時かという質問に「お祭りの時」と即答していました。
「これまで日本で困ったことはありますか」という質問に、医療に関するお話をされていたのも印象的でした。お子さんの学校のこともふくめ、さまざまな面でのサポートが必要であるように感じました。

トーク後半はキマさんと通訳のサラさんが登場。キマさんは先日、お子さんが生まれたばかり。キマさんには、日本に住みながらの子育てや、ネパールのさまざまな問題などについてお聞きしました。その中で、ネパールは多民族・他宗教の国であり、お互いを尊重し合いながら共生する自分の国を誇りに思っている、というお話から、それまで静かにしていた通訳のサラさんも語りだします。

サラさんはそもそも、空手の黒帯を取るために日本に来たのがきっかけで、今は日本とネパールの架け橋として活躍をしています。ガネーシャガルのスタッフとキマさんは、どちらかというとインド寄りのヒンズー教徒なのですが、サラさんはチベット寄りの仏教徒。だから、お祭りも違うんですよ、とおっしゃっていました。

ガネーシャガルのスタッフさんたちとお話する機会が増えたこの約一ヶ月。少しずつ分かってきたつもりになっていた「ネパール」という国には、まだまだ別の側面があり奥深いということに、サラさんのお話であらためて気付きました。

後半は映画『カタプタリ~風の村の伝説~』の上映なのですが、その前に腹ごしらえ。


特製バイキング。カレーは2種。チキンカレーと、もうひとつはサグ(ほうれんそう)。サグは、肉のようで肉でないソイビーンズが入っているビーガン仕様。そして注目は、写真の一番左の器に入っているスープ。シンキという食材をつかっています。シンキというのは、ネパールの大根の葉を発酵させたのちに乾燥させた保存食。今回、スタッフさんの一人がネパールからのおみやげとしていただいたものを特別に提供していただきました。
どんな味なのか想像がつかなかったのですが、一口いただき、あっ、これはどこか懐かしい味! と思いました。高菜の漬物に似ていたのです。ネパールと日本は離れているけど、どこかでつながっている、そんなことを感じるスープでした。

そして映画の前にちょっとサプライズのお楽しみ。お祭り好きのビールさんが歌い、ラムさんが踊りはじめました。ネパールの人なら誰でも知っている「レッサンフィリリ」という曲です。ビールさんは歌が上手さもさることながら、ラムさんの踊りには艶がありました。

映画は日本人の伊藤敏朗監督がメガフォンをとった『カタプタリ〜風の村の伝説』。古くからの因習が残る村からとびだしていった少年が成長し、ネパールやカトマンズの近代化を夢見るも、幼いころに出会った人形遣いの旅芸人の少女(というか人形)に導かれるように、町並み保存の活動に力を注いでいく、というファンタジー。
失われたものは戻ってこない。どこにでも通じる普遍的な内容の作品でした。みんなで映画を見ながら、ネパール人と日本人で笑いのポイントがちょっとだけずれるのが興味深かったです。

美味しい料理と踊りと歌でもてなしてくださったガネーシャガルのみなさん、登壇されたキマさんとサラさん、そして短時間でコーディネイトしてくださったエマさんはじめ公-差-転スタッフのみなさんにも感謝! いい企画でした。

なお、この日の収益の一部は、エマさんを通じてAPFS(Asian People’s Friendship Society)に寄付することになりました。APFSは、日本に暮らす外国人住民と日本人住民の共生、また、相互扶助の関係を築いていくことを目的としたNPOです。詳細はリンク先を御覧ください。

さて今日(2月18日)はモモ教室。またリポートします。
かがやき亭でのカレー屋さんの営業は19・20日まで。限定メニューです。ぜひ足をお運び下さい。

2/18ヘムさんのモモ教室 予約受付中

関根橋にあるカレー屋さん「ガネーシャガル」のかがやき亭での臨時営業も、日数がだんだん少なくなってまいりました。のこすところあと、14(火)、15(水)、19(日)、20(月)の4日間です。

そして17(金)は、ネパールトーク&映画『カタプタリ~風の村の伝説~』イベント(詳細はこちらとなります。カレーつき1500円(+1ドリンクオーダー)のオトク企画。予約受付中です。

そして急遽、18日(土)の夜に、もう一つイベントをやることになりました。
その名も「ヘムさんのモモ教室」。
今回いろいろあっての臨時営業なわけですが(こちらご参照のこと)、やっぱり元の店舗でできないことをなにかやろう、というところでいろいろ考えました。もともとガネーシャガルは「インド料理」のお店なわけですが、今回はスタッフさんたちの故郷である「ネパール」の料理にフォーカスしていこう、ということになりました。提供しているターリーもどことなく「家庭料理」。チャパティの気取らなさ、今回食べていただいた方ならわかると思います。
そして、もともとのガネーシャガルのメニューにはないネパール料理「モモ」を提供しておりまして、なかなか好評を博しております。

モモはネパールの餃子というか小籠包というか。餡を皮で包んでそれを蒸す料理。ほわほわ湯気立つそれを、専用のソースにどぶっとつけて食べるのです。ネパールに行くと、バザールには必ずモモ屋があって(三木のり平が佃煮売ってるわけではありませんよ)、一日中モモをふかしているのだそう。

ガネーシャガルでは通常提供していません(ときどき出してたらしいですが……)。今回限定のガネーシャガルのモモは、スタッフの一人、ヘムさんの手作り。実は、西荻にあるインド・ネパール料理屋さんにはモモを出しているお店がいくつかあるのですが、そのどれよりもヘムさんのモモは大きい! 満足感たっぷり、こんなん家でも作ってみたい!……と思ったのは私だけではないはずっ……!という思い込みから、ついに、「ヘムさんのモモ教室」をやってもらうことになりました。

ネパールの屋台料理・家庭料理モモ。
ほわほわ湯気立つアジアの香り、
ご家庭でチャレンジしてみませんか。
ガネーシャガルのコック・ヘムさんが
おいしいモモのつくり方をお教えします。

2月18日(土)18:30-
会場:かがやき亭(杉並区西荻北4-4-4)
2,000円(ドリンク付、材料費込)
参加予約=nishiogi@topaz.plala.or.jp (西荻案内所)

エプロンなどはご持参下さい。

 

2/17【映画とおしゃべり】西荻窪に活きているネパール

ただいま実施中の「ガネーシャガル in かがやき亭」。西荻エリアでは「老舗」といえるインド料理店「ガネーシャガル」が店舗の改装と修繕に伴い、かがやき亭に臨時出張中です(詳細はこちらにも書いてます)。
臨時営業にいたるまでの調整の中で、スタッフさんたちとかがやき亭でランチしてたら、たまたまそこに、善福寺でアートスペース「あなたの公-差-転」を運営しているメンバーの一人、太田エマさんがいらっしゃいました。

エマさんは、異文化交流や世代間交流などをテーマに活動しているアートコーディネイター/キュレーターで、ディスロケイトというポリティカルなアートプロジェクトのオーガナイザーでもあります。
ガネーシャガルのピンチについてお話ししたら、「なにかやりましょう!」と即答、あっという間にこの企画をコーディネートしてくださいました。

前半は日本に住むネパール人の現在についてのおしゃべりタイム。食事(たぶんネパール料理バイキングになりそう)のあと、ネパールを題材にした映画『カタプタリ~風の村の伝説~』の上映会となります。

知ってるようで知らない杉並/西荻のネパール人の皆さん。そもそも西荻のカレー屋さんにはネパールのお店が多いのです(ラヒさんがパキスタン、クマルさんがバングラデシュで、他はネパール人スタッフのお店だったはず)。

いつもにこやかなガネーシャガルのネパール人スタッフは全員、ダウラギリ県バグルン郡の出身なのだそうです。ダウラギリといえば、知る人ぞ知るヒマラヤの8000メートル峰(一番下に写真あり)。サンスクリット語で「白い山」という意味。加賀白山とかモンブランとかと同じですね。バグルン郡はダウラギリ山からは少し離れていますが、それでもよく見えるそうです。さすが世界第7位の高峰。ちなみにバグルン郡まではカトマンズから車で13時間もかかるそうですよ。帰省も一苦労です。そんなところからはるばる西荻までやってきたみなさん、このまちでどんなふうに生活をしていらっしゃるのでしょうか。
そんなお話を聞きつつ、ネパールの家庭料理をいただきながら、ネパール映画を見る。盛りだくさんの企画です。

なお、おあずかりした参加費の一部(500円)はネパール難民支援の基金への寄付となります。

以下、太田エマさんによるテキスト。

▼▼▼
杉並区では14,408人の外国の方が住んでいます。そのうち1,455人はネパール出身の方です。阿佐ヶ谷と荻窪にはネパールの小学校があり、中央線沿い、特に西荻窪ではネパール人によるカレー屋さんも有名です。隣に住んでいるネパールの方は日本でどのような思いで生活を送っているでしょうか?どのようなコミュニティに所属しているでしょうか?ネパールの大切な記憶・つながりをどのように日本に住んでいる人に伝えようとしているでしょうか? 

国の代表としてではなく、隣人として向き合って、新しいつながりをカレー、映画とおしゃべりを通して作っていきましょう。

西荻窪に活きているネパール
2月17日(金)18:00-
参加費:1500円(カレー付き)+1ドリンクオーダー
会場:かがやき亭 〒杉並区西荻北4-4-4(JR中央線西荻窪駅から徒歩7分)
事前予約: https://coubic.com/kosaten/325426 // nishiogi@topaz.plala.or.jp

18:00-19:00 トークイベント 
19:00-20:00 ネパール料理
20:00-21:00 上映会 『カタプタリ~風の村の伝説~』

『カタプタリ~風の村の伝説~』 中編劇映画(51分)伊藤敏朗監督
神の山から降りてきた妖精と、人間の子どもの心の交流を描いたファンタジー。ネパールの農村文化や、カトマンズ渓谷の伝統的街並み保存活動、環境問題などを取り上げつつ、 人が天啓として与えられた心のあり方について静かに訴えた作品。ガネス・マン・ラマ主演。
http://www.rsch.tuis.ac.jp/~ito/kathputali/

主催:インド料理ガネーシャガル/西荻案内所
共催:あなたの公-差-転、1>>of<<U www.kosaten.org

nepal-388_960_720

ガネーシャガル in かがやき亭スタート!

関根橋のインド料理店「ガネーシャガル」さん、いま店舗改装でお休み中。

というのも、先日のチョー寒かった日、水道の配管が破裂しちゃって、店内が水びたしになってしまったんだそうです。復旧には2月いっぱいはかかってしまいそうだとのこと。

その話を聞いてふと、西荻北の「かがやき亭」さんが、夜の時間帯を利用する人を探していたことを思い出しました。店舗での営業ができない期間、夜のかがやき亭で出張インドカレー屋さん。そういわれてみれば、カレー激戦区の西荻にあって、東京女子大方面にはなぜかインドカレー屋さんがないんです。(そのかわりパン屋は超激戦区)。

というわけで、条件が整いまして、西荻北4-4-4のかがやき亭(覚えやすい住所!)で、ガネーシャガルさんが夜だけ臨時営業をすることになりました。営業時間は18時〜21時30分(LO)

ナンを焼く窯はかがやき亭に持ってこられないので、今回のかがやき亭メニューではナンの替わりにチャパティだったりと、いろいろ制限はあるのですが、それを逆手に、いつもよりも「ネパール」に寄ったメニューになっているようです。

それというのも、いつもにこやかなスタッフさんたち、みなさんネパール出身。インドの一流ホテルなどで修業をしてインド料理を学び、はるばる日本にやってきました。お話を聞いてみたらみなさん、同じ地域の出身なんだって。ダウラギリ県バグルン郡。ヒマラヤ8000メートル峰と同じ名前を持つ県。どんな場所なのかとっても興味深いですが、それはまたそのうちに。

メインはターリーという、いろいろ載ったプレートです。今回は場所のアットホームさにあわせて、なんと1000円で出すんですって。今日(2月1日)が初営業で、さっそくいただいたのですが、圧倒的ボリュームと満足感。超オトクです。ネパール料理のプラウ(ビリヤニみたいなやつ)にチャパティ、カレーにサブジ、サラダにそれから、想定より辛い漬物(名前がわからないけどインド料理屋にいつもあって、食べるときについ油断してしまうアレです。写真中段左)。

IMG_5801

もう一つのメニューがモモ。これはネパールの餃子というか小籠包というか。
西荻にあるネパール系のインドカレー店にも、モモを出している店はあります。でもたしか、ガネーシャガルにはモモはなかったはず。それもそのはず、今回のかがやき亭臨時営業のために、あらたにつくってみたんだとか。ガネーシャガルのモモ、大粒で具もみっしりと入って、満足感の高い仕上がりになっております。一人で行って頼むと、モモだけで腹一杯になること確実です。6つで700円。

IMG_5798

その他、インドビールや、ネパールビールのエベレスト(エベレストから来た水でつくっているらしい)もあります。
ラッシー・チャイ・マンゴラッシーは300円。

そうそう、カレーは600円でテイクアウト可。モモもテイクアウトできます。
テイクアウト希望の際は、営業時間中に070-5544-2460に連絡すれば用意するそうです。これはうれしい!

西荻案内所は全力応援!スタッフさんの故郷、ネパールのことがわかる展示など企画中。17日にはトークイベントとネパール関連映画の上映会を実施する予定。詳細は明日あたりに。こちらに告知あり)

営業予定日は以下の通り。

2月
1(水) 2(木) 3(金) 5(日)
6(月) 9(木) 12(日)
13(月) 14(火) 15(水) 17(金) 19(日)
20(月)
全13日間

営業時間は18時〜21時30分。