第7回 西荻日和【西荻のメディアと場】

西荻のメディアと場
第7
回 西荻日和
松本弘子さん 城野千里さん

住民目線の西荻情報をFacebookで紹介。実は宮前の不動産業「日栄不動産」が運営。
シェアカフェ「in the Rough」の経営も手がける松本弘子さんにお話を聞き、
「西荻日和」のメインライター・城野千里さんも同席していただいた。

「西荻日和」が始まった経緯を教えて下さい。
私は宮前で不動産屋を経営しています。ホームページに物件情報を載せているんですけど、そのままだと見に来てくださる方って多くないんです。だから、Facebookで街の情報を紹介して西荻の雰囲気を伝えながら、そこに不動産情報もからめていけたらという、そんな思惑があったんです。でもまずはフォロワーさんの数を増やさなきゃいけないですから、西荻情報ばかりをアップすることにしました。それで着実にフォロワーさんが増えてきて、これでいよいよ、というところで、物件紹介をしようとしたんです。そしたら当時のライターさんに、「そういうのはやめてください」と言われてしまいまして(笑)、それで、そのまま街情報の発信だけになりました。

元々の狙いがはずれてしまったんですね。
でも、こうやって西荻のいいところを伝えることで、西荻が好きな人が増えていけば、それは遠回りだけど私の仕事にも反映してきます。それにこの「西荻日和」を通じて、この街に顔見知りが増えたのがなにより大きなことです。
西荻にはチェーン展開する大手の不動産屋さんはあまりなくて、地主さんとのつながりが深い小さな不動産屋さんが多くあります。私たち小さな不動産屋の役割というのがあって、それは例えば、この西荻に多くある、歴史を感じる趣のある建物に、お金で換算できない価値を提供・提案していくことです。西荻という街は幸いにして、ピッカピカの新しい物件を求めている方ばかりではなく、そういった物件を求めている人も多いんです。

でも最近はマンションも増えてきました。
都心からのアクセスもいいですからね。でもそれだけではない「特別な価値」がこの街にはあります。街のあり方というのはコンテンツが大事なんですね。そこを意識するかしないかで、大きく変貌する。だから私たちは、西荻の大家さんたちとの信頼関係を築きながら、そういった価値観を共有することで、この雰囲気を守っていくことができたらと思っています。特に、地主さんが世代交代をする時、不動産屋と地主さんとのつながりが切れて、大手に売られてしまうことがあります。土地を「坪◯円」という数字でしか捉えられないと、そういうことが起きてしまう。たしかに相続や維持は大変なものですが、今あるものの価値を訴え続けて、土地の「真の価値」をキープしていくのは不動産屋だからできることだと思っています。

そのような考え方に至ったきっかけはなんですか。
私は生まれが善福寺という西荻っ子なのですが、一時西荻を離れていたことがあるんです。その時にこの街の良さに気づきました。それはなんというんでしょうか、肌感覚ですね。八百屋が今もいっぱいあり、個人経営の飲食店がたくさんあって食のレベルが高い。こういった街並みからは、「人の顔」が見えてくるんです。便利さの影で置き去りにしてきたことを、あの震災をきっかけに思い出した人が多いのではないでしょうか。西荻にはそれがあるということに気づいたんです。

西荻の特徴は他にどんなことがありますか。
地元生まれでない人の「地元意識」が高いですよね。それはこの街に、よそ者を受け入れる「ゆるさ」があるからだと思います。ある大家さんが「山の手の下町」と呼んでいましたが、まさにその通りと思います。

カフェのin the Rough(イン・ザ・ラフ)についても教えてください。
私の仕事は、お店というより小さな事務所でやっているんです。駅の近くに店があったほうがいいと言われるのですが、場所に縛られるのが嫌で(笑)。それで、自分も使えるコワーキングスペースを考えたんです。西荻にはフリーランスの人もいますから、場所を持つことのリスクを、シェアすることで軽減できる。ただ住むだけでなく働く場所としての西荻、アルバイトではなく、より主体的な仕事ができるようになるための足がかりになればいいなと思います。それから、不動産業の「ワークシェア」というのも考えました。不動産屋のスキルって意外と幅広いんですよ。……不動産屋って場所を提供するのが仕事なんだけど、シェアする場所を提供するなんて、やってることがまるで逆ですね(笑)。

西荻の小さなトピックを住民目線で紹介するFacebookページとして2014年12月に開設。
月に数回、不定期にアップしている。大々的には宣伝しないが、実は宮前の日栄不動産が運営。
https://www.facebook.com/nishiogibiyori/

in the Rough(イン・ザ・ラフ)
http://in-the-rough.com/
西荻北2-37-8スプリングパル1階

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。