西荻クリエイターズワークショップ開催中

夏休みの特別企画、「西荻クリエイターズワークショップ」が西荻南のヨロコビtoギャラリーで始まりました。

本日から毎日、ワークショップが行われます。2日はその第一弾、渡邉知樹/ぺぺぺさんによる「日めくりカレンダーのネタを考えよう!」でした。
渡邉さんは每年、オリジナルの日めくりカレンダーをつくっています。西荻では「服と雑貨イト」さんで取り扱っていますよ。ちょっとクスッと笑える一コマ漫画が365枚。自由に発想するアイデアの源泉はどんなところにあるのでしょう。

ワークショップ参加者は小学生から40代まで幅広く、でもそれぞれが同じ気持ちで、日めくりカレンダーのネタ出しに頭をひねりました。

まずはいきなり4コマまんがに挑戦。一気に高いハードルを越えることで、日めくりカレンダーのネタづくりはだいぶ気分が楽に。柔らかくなった頭で、つぎつぎネタがひねり出されます。

ws01

 

ならんだ作品を講評する渡邉さん。良作は次年の日めくりカレンダーに採用するとかしないとか。

どの作品も、想像力の飛躍があって、その突拍子もなさでは大人も子どもも関係ないですね。年令を問わず楽しめる楽しいワークショップでした。

さて、これから10日まで、ヨロコビtoギャラリーでは毎日ワークショップを開催します。今後のスケジュールについてはこちらのリンクをチェックして下さいね。西荻案内所の出番は6日と7日の「西荻(妄想)オミヤゲ企画会議!」です。オリジナルのオミヤゲパッケージをつくって、帰省のお土産にするもよし。

seal

会場ではお馴染みの西荻案内所グッズ『西荻観光手帖』(限定の赤版)と『西荻グルメシール』を販売しているほか、いろんな西荻グッズをあつかっておりますので、帰省前にぜひチラ寄りしてみてください。ヨロコビtoギャラリー奥のカフェも営業中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。