【続・西荻案内所の紹介11/10】ポルトガルの日

11月3日〜23日、アートイベント「トロールの森」にあわせて西荻案内所が、西荻窪駅高架下に3週間だけ復活! その名も続・西荻案内所です。

21日間、日替りの西荻案内人が立ちます。それぞれ得意分野や西荻でやっているビジネスをいかしながら西荻案内をします。夜の時間帯は連日イベントあり。本HPでは順次、日替りの西荻案内人を紹介しています。

11 月10 日は ライターで音楽家、10 年来ポルトガル通いをする岡田カーヤさんが案内人。 取材に演奏にと、いつもどこかに旅をしているカーヤさんですが、ポルトガルは特に大好きな場所で、年に1度は「里帰り」をしているとのこと。そこで享受するラテン的な生き方を日本でも実践したい、とおっしゃっています。そんなカーヤさんが案内する西荻、ひと味ちがいそうですね。

この日は夜19:30〜ポルトガル映画『アレンテージョ、めぐりあい』を上映します。
ポルトガルのいなかで歌い継がれる伝承歌に惹かれ移住したコルシカ人民族音楽学者ミシェル・ジャコメッティとともに、詩人アントニオ・レイスが、歌に魅せられて訪ねたアレンテージョの村を舞台にしたドキュメンタリーです。

何よりも、これは詩の映画です。そして音楽。
ポルトガルというと“ファド”がすぐにでてきますが、
この映画で歌われるのは口承で伝わってきた土着の民謡。
節も詩もファドとはまったく違う美しさがあるのです
木下眞穗(翻訳者)

映画「アレンテージョ、めぐりあい」

(2007 年山形国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀賞受賞作/ 105min)
入場料1200 円
2017 年11 月10 日19:30〜
西荻高架下マイロード「続・西荻案内所」内
予約=okada@monkeyw.com またはFacebook 岡田カーヤ

*予約特典として「Doce Espiga」のとってもおいしいパシュテル・デ・ナタ(エッグタルト)プレゼント。
上映後トークショーあり。出演=木下眞穂(翻訳者)、波田野州平(映像作家)、岡田カーヤ

続・西荻案内所は、11月3日(金祝)から23日(木祝)まで、西荻マイロード(高架下ステーション街)の中にある「トロールの森よりみちギャラリー」にてオープン。ほかに、佐藤ひろみさんやサム・ストッカーさんの「トロールの森」出展作品や、0円均一企画「0円は三文の得!?」なども実施しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。