第11回 ていねいに、【西荻のメディアと場】

西荻のメディアと場
第11回 ていねいに、
福田倫和さん cayocoさん

日常に近いところで日々の疲れを癒やす。
そんな福田さんのコンセプトが結実したのが「ていねいに、」。
西荻住民の支持を集める。

お店を始めることになったきっかけは。
僕は西荻生まれで、ずっとこの街に住んできました。それから、長野県にある穂高養生園という施設のスタッフをしていたんです。穂高養生園は、豊かな自然に囲まれながら、体に優しい食事、それからヨガなどをしながら、体が本来持つ自然治癒力を引き出して、自分自身をケアしていくプログラムを提供する施設です。そこにボランティアスタッフとして入っていたのがcayocoさんでした。退職後にも、何度か会う機会があり、今の「ていねいに、」につながるコンセプトが僕の中で固まってきたので、それを説明したら彼女が賛同してくれたんです。それで店作りがスタートしました。(福田)
そのころ私はマッサージ店で働き、エリアマネージャーを頼まれるようなポジションになっていました。まさにそのタイミングで福田さんから声がかかり、自分のお店を持つことのほうを選んだんです。(cayoco)

「ていねいに、」のコンセプトとはどのようなものですか。
元々いた穂高養生園に来園する人は、ある程度滞在をして、心身を整えて帰っていくわけですが、そうではなく、もっと日常に近いところに、日々の疲れを癒やす場所が必要なんじゃないかと感じたんです。それで、お店の構えとしてはまず靴をぬぐことを考えました。あとは畳とちゃぶ台。どうしたら少しでもリラックスできるのかを考えて内装をつくりました。(福田)
お料理については、穂高養生園で提供しているマクロビの料理がベースにあります。でも、東京で毎日仕事をしている人にはもう少しパワーが必要だなと思って、お肉やお魚なども出しています。外食は「ごちそう」ばかりで、家庭で食べるような日常のごはんを一人暮らしの人がいただくことができる店って、意外と多くないんですよね。今は水木金の朝と昼を担当しています。(cayoco)

食事だけでなく、鍼やマッサージなどもやっていますね。
定食だけの店が少ないのは、それだけでは経営が難しいからだと思います。でもそこがきっかけで、鍼やマッサージを受けてくださることも多いです。(福田)
あとは料理のワークショップやケータリング。もちろんお店があるから声もかかるので、日々のごはんは大切です。(cayoco)

お店の場所を西荻にしたのはなぜですか。
「ほびっと村」など、オーガニックにこだわっているお店がすでにあります。だからそういうことにこだわりのある人も多いと思ったんです。もちろん西荻生まれの地の利もあります。あとは、電車通勤したくなかったからかな(笑)。(福田)

ボランティアのスタッフはどのように集めていらっしゃるんですか。
HPやFacebookです。ボランティアさんの中には、カフェ経営の勉強をして開業を目指している人もいますし、中には気分転換の場所としてやっていただいている方もいます。(福田)

働いて気分転換というのはいいですね。
実はお客さん同士にもちょっとそういう雰囲気があります。ある日、お疲れ気味のお母さんが、小さなお子さん連れでいらっしゃった時、他のお客さんがその小さなお子さんの面倒を見てくださって、その間にお母さんがゆっくりごはんを食べることができたんです。お客さん同士で協力しあう雰囲気がある。そういえば、皿を洗って帰って下さったお客さんもいました。お客さんに甘やかされているんです(笑)。(cayoco)

今後の予定は。
実は8月くらいから不動産業を始めます。これまで、西荻で暮らすことの提案と物件探しもやっていたのですが、今までは最終的に不動産屋さんを紹介していました。資格も取ったので、これからはもっと本格的にやっていきます。(福田)
来年6月に「food letters」という旅のレシピ本を出す準備をしています。地域の保存食をバトンに、四季ごとに旅をして土地と人をつないでいきます。新鮮な食材や生産者との出会いのなかで、日々「生きているものを食べている」ことを実感しています。(cayoco)

追記:
インタビュー後の6月18日、cayocoさんが「ていねいに、」卒業を発表。今後はフリーの料理家・セラピストとして活動をしていくそうです。cayocoさんが「ていねいに、」のキッチンに、いつものように立つのは7月20日まで(8月のイベント時にはお食事作るそうです。詳細は上記のブログ記事へ)。

西荻生まれの福田さんと、かつての仕事仲間だったcayocoさんが意気投合、2013年4月にオープン。朝食・ランチ・夕食提供のほか、鍼灸・マッサージの治療室も併設。土曜は「ippo食堂」、日曜は「おこさまボーイズ」、月曜は「なかなかどう」がカフェ営業。
http://teineini.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。