(2014.10.08)映画『聖者たちの食卓』

ougon

今日から「西荻案内所日誌」がスタートします。
西荻についてのよしなしごとや、お気に入り、FacebookやTwitterでは書くのがめんどくさいことなどを書いていく予定です。
「日誌」なので、できれば毎日書きたいのですが、はたしてそんなことができるのかしら。

今朝はいつもより早く出かけ、新宿の小さな映画館に映画『聖者たちの食卓』を見に行きました。秋田ばるの七尾さんがFacebookでオススメしていたのに興味を持ったのです。
このドキュメンタリー映画はインドにあるシク教徒の寺院にある「無料食堂」についてのものです。この食堂は利用者が一日でなんと10万人!信徒や旅行者、身分に関係なくあらゆる人が使用を許されています。来た人はただ食べるだけではなく(もちろん食べるだけでもいいらしいですが)同時に、食器を洗い、配り、会場を整え、食材を切り刻み、煮込み、皿に盛る。長年のあいだに蓄積されたルールにのっとって、細分化された仕事が整然と進んでいくさまは、狂騒でありながらもどこか神聖なものでありました。
生産者と消費者というような、ふだん当然のものとしてある関係性が、この無料食堂ではとても曖昧になっています。作っている人、準備している人が食べる人でもあるわけです。英語のタイトルは『Himself He Cooks』、「神は自ら調理し、食べる」というような意味でしょうか。この尊い営みがかれこれ600年も続いているというのですから(日本だったら応仁の乱!)びっくりです。

……しかしこの光景、どこかで見たことあるよなあ。今年1月の井荻會館、「西荻観光手帖」の帳合大会です。のべで200人以上の人が本の帳合作業をしながら、おしゃべりをし、最後につくった本をみなさんが持ち帰ったのですが、あの不思議な一体感はまさしく、インドの寺院の無料食堂に通じるものでした。映画を見終わったあとはだいぶおなかが減りました(笑)。

そうそう、今日は皆既月食でしたね。みんなで同じ月を見ているというのも、こういう営みに通じるものがあるなあと思いました。月も無料食堂も、どちらも偉大だなあ。

さて、今日は11月の「西荻夕市」のちらしが届きました。11月8日の夕市のテーマは「カレー&ピクニック」。西荻はカレーの激戦区! ちらしはカレーMAPとしても使えますので、11月8日に限らず使える保存版です(カレー屋さんを全て網羅したわけではないのですが……)。
お腹が空いたら西荻へ! さすがに無料ではありませんけどね。

2 Replies to “(2014.10.08)映画『聖者たちの食卓』”

  1. Pingback:

  2. Pingback:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。