音頭のすすめ〜 西荻案内音頭  広尾町酪農音頭 ほか

西荻案内音頭 たがやせ!どじょうおじさん 広尾町酪農音頭

いまはうちで踊ろう、いつかみんなで踊ろう「 西荻案内音頭 」!

コロナウイルス流行の影響はそれぞれさまざまにあると思いますが、我慢や工夫が強いられる状況になりましたね。
とりわけ、先週から学童や保育園の閉鎖が決まり、こどもと一日おうちでどうしたらいいの……っていうお父さんお母さんの声がなんとも切実。
運動不足、アクティビティを探しているそんなおうちで音頭はいかがでしょうか?

2012年にチャンキー松本さん(切り絵師、絵描き、パフォーマー、歌い手……多才すぎる)とポール川中さんが作って以来、周辺のミュージシャンが集まって録音、夏祭りや夕市西荻ラバーズフェス、アートイベントのトロールの森などにお目見えした『 西荻案内音頭 』。
振り付けは善福寺在住のパントマイミスト橋本フサヨさん。
かっぽれのムーブメントを取り入れた振り付けは、ちょっとおどけてキメに「べっ」と変顔を作るとどんどん楽しくなってきますよ。

西荻案内音頭を作った二人の名曲がもうひとつあって、その名も『 たがやせ!どじょうおじさん 』。

チャンキー松本さんが同名の絵本をあかね書房より出していてこちらもぜひ読んで欲しいです。
一度聞くと「たっがやっせ、たっがやっせ〜!」ってついつい歌っちゃうなんとも楽しい曲なんですが、これにもフサヨさんが振り付けを。トロールの森などで何度もみんなで踊ったなあ。

どうですか?これ、1曲踊ると私は息があがっちゃいます。動と静のムーブメントの切り替わるところをふふーん、となんてことないように踊ると面白いんですよ。

最後にもうひとつ。音頭の演奏メンバーとして何度も駆けつけてくれた西尾賢さん(ソボブキ、ズビズバー)がフサヨさんの友人に頼まれて作り、フサヨさんが振り付けをした『 広尾町酪農音頭 』。北海道の酪農家さんたちが楽しく踊っている音頭です。(西荻では昨年トロールの森で踊りました。)これもとっても楽しいので、映像を見てどうぞ体を動かしてみてください。

そしていつか。今年は難しいかもしれないけど、コロナウイルス感染が収まって、また集えるようになったときにはみんなで楽しく踊りましょう。その日のために家族みなさんで練習しておいてくださいね。

あ、アパート、マンションにお住まいの方は、階下への音にご注意。マットレスやお布団、お座布団などで工夫してください〜。

Leave a Comment