JUHA ユハ :西荻ガイド058

JUHA ユハ

JUHA ユハ

モダンジャズを中心に珈琲に合う音楽をレコードでかけてます。
店名はアキ・カウリスマキの映画名から。

JUHA ユハ

オススメポイント

JUHA ユハ は、西荻窪・南口の商店街にある喫茶店。鉄の扉をギッとあけると、中はまるでよその国にたどりついたかのような落ち着く空間。ワイワイおしゃべりするというよりは、じっくり本を読んだり、それぞれの時間を楽しみたくなります。

JUHA のカウンターの本たち

本を持っていかなくても、お店にある本もなかなかおもしろそう。

JUHAの壁にはカウリスマキの映画ポスター

お店の壁にはフィンランドの映画監督、アキ・カウリスマキの作品のポスターが貼ってありました。そもそもJUHAという屋号もカウリスマキの映画『白い花びら』の原題から採られています。このあたりについては、haconiwaさんがきっちりインタビューしてますのでそっちが参考になります。

haconiwa: 映写室のドアの向こうは映画の世界!?西荻窪『JUHA(ユハ)』
https://www.haconiwa-mag.com/life/2017/12/juha/

JUHAのあんこトースト

JUHAといえば、個人的にはやっぱりあんこトースト。これは下北沢にあったジャズ喫茶「マサコ」で出されていたメニュー。「マサコ」は2度くらい行ったことがあるのですが、あそこも異空間だったなあ。

JUHAはジャズ喫茶「マサコ」からのエッセンスを受け継ぐ「ジャズ喫茶」なのです。お店OPENのお知らせTwitter投稿にはいつも、その日にお店でかかるアルバムが添えられてます。ジャズ多めでときどきクラシックだったりブルースだったり。

お店のInstagramのほうでは、紹介しているアルバムのエピソードについて書いていることも。

JUHAとジャズについてはこっちの記事が深掘りしてます。

ARBAN :【東京・西荻窪】扉の向こうは“ロマンスミュージック”流れる物語の世界
https://www.arban-mag.com/article/18845

JUHAのコーヒーは自家焙煎。コーヒー豆の販売もしています。この時お持ち帰りしたJUHAのコーヒー豆は、見た感じややツヤ感のある中深煎りで個人的には好きな焼き加減。最近のおしゃれカフェの味じゃなくって、「昔からやってる名店」の味がします。いろいろな豆をいろんなふうに焼いてるのでまた買いに行こうっと。

コーヒーチケットの販売もやってます。

最近はグッズ展開も始めました。主には「コーヒー持ち帰り用」という意味で、トートバッグや巾着タイプのものなど。袋類多め。

店舗情報 
営業時間:火~金 11:30-21:00
土日祝11:00-19:00
定休日:月(祝日の場合翌日火曜)
所在地:西荻南2-25-4
SNS:Twitter
Instagram

Leave a Comment