つばめのこと 2019

つばめのこと 2019

今年も西荻北の小さなギャラリー「もりのこと」で、「 つばめのこと 」が開催されます。

昨年は、西荻窪周辺でのツバメ目撃情報を収集(←リンク)したり、そのあと、西荻ツバメ調査隊を結成して実際に歩いて調査(←報告記事リンク)したりと、ふつう一軒のお店がやらないようなことを企画して実践していました。

この何年か、西荻あたりであんまり見なくなってるような気がしませんか。たしかに住む場所が少なくなっているのは事実なのですが、でも意識して探すと意外といるものです。

汚れるから、うるさいから、などと巣を払わず、なんとか共存できないものでしょうか。
今年もツバメがやってくる季節。そろそろツバメセンサーを再起動させようかな。

毎年必ずツバメが巣をかける西荻窪駅南口では、駅員さんによる準備もすでに万端。

 

フライヤー制作しました

そうそう、今回のフライヤーは西荻案内所でデザインしました。……といっても、保立葉菜さんのステキな版画と題字はもう用意されていて、それをちょちょっと配置しただけなんですけどね。

 

企画詳細

つばめのこと

2019年04月18日(木)〜04月29日(月
12:00〜19:00
もりのこと(西荻北4-9-3)

ツバメが飛来する季節にあわせ、さまざまなジャンルの作家による、ツバメにまつわる作品展を開きます。
参加作家
にしおゆき(陶人形)
保立葉菜(版画)
マカベアリス(刺しゅう)
ユカワアツコ(鳥の絵)
会期中、月・火・水は休み(29最終日はOPEN)
お店の場所などはこちら

Related posts

One Thought to “つばめのこと 2019”