善福寺プレーパーク2019

善福寺プレーパーク

毎月2回、善福寺公園下の池のゲートボール場のとなりでやっている冒険遊び場「 善福寺プレーパーク 」、だいたい第2土曜日と最終水曜日で開催。

善福寺プレーパーク

「プレーパーク」というのは、「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに、子ども自身から生まれる自由なアイディアや好奇心を応援する遊び場です。(←サイトの文言そのまま)

つまりどんなのがあるかというと、ロープワークでターザンとか、ハンモックとか、自然を使った遊び、木工作や昔遊びなどの手を使った遊びなど。公園にすでに設置されている遊具でだけ遊ぶのではなく、遊びを生みだすのがポイント。

木に設置されたハンモック 木に設置されたハンモック

木工あそび 木工あそび
ブランコ遊び ブランコ遊び

日本国内では世田谷の羽根木公園で始まりました。遊びにはプレーリーダーと呼ばれる大人がつきます。ブランコのロープワークがささっと確実にできる人にあこがれます。プレーパークを代表する遊びの中の一つに「焚き火」もあるのですが、都立公園の制約があって、善福寺公園内で行われる善福寺プレーパークではまだやったことがないんですって。それで3月23日に、善福寺公園じゃないんだけど、ワークショップ&焚き火体験をするそうです。

 

 

ちょっと変な顔づくり
ちょっと変な顔づくりワークショップ

 

善福寺プレーパークの事務局「cocoon善福寺の家」のHPはこちら

さて、今後の善福寺プレーパークの予定は、以下の画像を見てくださいね。

 

善福寺プレーパークの予定

 

Leave a Comment