山形に行ってきた(3)勝負師、北へ

(これまで)骨董店・木土藍楽の渡部さん(ナベさん)の仕入れに便乗して山形へ。山形市内から車で北に向かいます。

さくらんぼマークがかわいい山形銀行前にてナベさんに再び拾われた私たち。ナベさんの「もうなんか食べたの?」の言葉で、さっき冷やしラーメンを食いっぱぐれていたことを思い出しました。そうだ、事前調査で3票も入った「龍上海」というラーメン屋はどうだろ。そこで「龍上海」ってどうなのよとそれとなく聞いたらば、ナベさんの顔色がわずかにくもりました。「もちろんおいしいんだけどねえ、ちょっと重いんですよね〜」。こってり系。たしかにこのタイミングではちょっと苦しいかも……。「そうだ、ラーメンとおそばのどっちもある店に行きましょう」日本そばラーメン、ファミレスならともかく、専門店でなんとも不思議なくみあわせ。移動開始です。

ナベさん、仕入れのほうはともかく、帰り際にいい感じの蔵を見つけて、ちょっと立ち話をしてたから時間がかかったんだそうです。「骨董の仕入れは駆け引きだからね〜」というナベさん。車内での骨董トーク、ここには詳しく書けませんが、勝負師のドキドキハラハラが満載。楽しくおしゃべりしているうちに、やがて「勝負師」の街にたどり着きました。

IMG_2753

山形県天童市。将棋の駒の生産日本一ということで有名です。どこもかしこも将棋の駒。そして温泉。将棋に興味のない人の肩身がせまそうな街です。たどりついたのは「水車生そば」という、大きめのお店。こちらの名物が「鳥中華」という名前のラーメン。ナベさんいわく、「なにしろ日本そば屋なのに客の8割が鳥中華を注文するんだから」とのこと。すっかりラーメン脳だっただけに期待がふくらみます。でもちょっと、日本そばも気になるところ。私は日本そばをいただくことにして、鳥中華はちょっとわけてもらうことにしました。食事を待つ間にちょっと外へ。

IMG_2758

「水車生そば」、なかなか観光地風の佇まい。将棋の駒モチーフももちろん取り入れられてます。おとなりにあった「栄春堂」というお店は将棋の駒のお店のようなので、ちょっと拝見。作業スペースではちょうど、「左馬」のような将棋駒の置物をつくっているところでした。でも「左馬」ではなく大きく男性の名前が彫られた駒。きっと誕生祝いとか、そういう記念品として人気があるのでしょうね(余談ですが、左馬というのは、左右反転した馬の字が彫られた縁起物の駒。ウマが逆でマウ=めでたいとのイメージらしいのですが、ちょっと強引なような……。そもそも馬の字が左を向いてるから左馬らしいのですが、馬の字の形成過程から考えると、もとの字が左馬で左右反転させたら右馬になるはず……。真実やいかに)。「栄春堂」さん、ちらっと見て「水車」に戻ってしまったのですが、あとで調べたら、将棋の駒だけでなくこけし工人さんでもあったようです。ちゃんと店内見ておけばよかったかも。

IMG_2759

というわけで、鳥中華と日本そば。
鳥中華はさっぱり味で好きなやつでした。ホッとしました。さすが8割が注文するだけのことはありますね〜。

IMG_2762

日本そばは「客の8割が鳥中華」の話を聞いてから、まあまあなのかなと思っていたら、いやいや!太めでしっかりしてるけど硬すぎず、とっても好きなやつでしたよ。昼はとっても混雑する人気店なのだそうです。ほっとする味だから地元の人が多いんでしょうね。

IMG_2772

ごはんを食べたらあとは今日の宿に行くだけなのですが、「まだ時間があるからちょっと銀山温泉でも行ってみる?」と、ナベさんのやさしい言葉。小雨交じりの銀山温泉は100年前に迷い込んだかのようでした。売店で買った尾花沢スイカサイダーも美味でした。あとでどこかでまとめ買いしようと思っていたのですが、もう出会うことはできませんでした。山形は広いですね。

IMG_2764

夕方になって、あとは今日の宿、瀬見温泉へ。ナベさんの故郷はここからさらに上流にあるのだそうです。行きがてら、ナベさんたちの瀬見温泉「武勇伝」を聞くのですが、やっぱりここには書けない内容でした。(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。