西荻にいたピンクの象 発売開始

西荻にいたピンクの象

編著・発行 西荻案内所

A5並製 112頁 オールカラー
2018年11月16日発行

西荻にいたピンクの象

西荻窪南口のアーケードにぶら下がっていたピンクの象。2017年3月、約30年ぶら下がった先代の竹細工の象が引退。廃棄処分の予定でしたが、紆余曲折ののち、新潟県の佐渡島に引き取られました。

ピンクの象の姿を追いかけながら、西荻窪の商店会の人々や、杉並区内そして佐渡島の現役竹細工職人に取材をして次第に見えてきたのは、時代を彩った竹細工の技。そして西荻窪のこと。

西荻案内所渾身のレポート、ついに刊行。

販売店情報

西荻にいたピンクの象は以下の店で販売しています(2018年12月9日時点)

東京都杉並区

古書音羽館 西荻北 3-13-7
今野書店 西荻北3-1-8
信愛書店 西荻南2-24-15
中野書店古本倶楽部 西荻北5-9-12
本屋Title 桃井1-5-2
茶舗あすか 西荻北3-21-2
カフェモナミ 西荻北4-5-24
BREW BOOKS 西荻南3−4−5

新潟県佐渡市

クアテルメ佐渡/羽茂温泉 羽茂飯岡170-1
カフェ日和山・南書店 小木町232

 

通信販売も開始

STORES.jpでの通信販売も開始しました。送料300円がかかりますが、1冊でお買い上げの方には、絵ハガキのおまけがつきます。

「西荻案内所の通信販売」

https://nishiogi002.stores.jp/

下のボタンからも購入できます。

 

ピンクの象の本ポップ

Related posts