西荻まち歩きマップができました! 地図代々

西荻まち歩きマップ、西荻案内所がつくりはじめたのは2013年からなので、今回で4回目となります。
私が西荻に引っ越してきた当時は、西荻まちメディアというNPOが発行していました。たぶん見たことがある人も多いと思います。

img_5624

お店の情報だけでなく、街のうんちくがぎっしり。これは現行版に受け継がれている仕様です。旧村名や旧字名情報は、現行版には入れてないので、その点において今よりさらにマニアック。
多くの西荻基本情報を、私はこの地図から入手し、そこから「西荻ライフ」がはじまったのであります。

いつのまにやら自身がこの地図に携わるようになって、あれこれ調べて追加したり、文意をととのえたりし、西荻の地図と一体になったようなおかしな身体感覚になりながら、5年ぶりの新版を発行したのが2013年。その時、信愛書店さんから一枚の地図をいただきました。

img_5620

もともとはうちが出してたのよ〜」と信愛書店さん。元祖・西荻まち歩きマップは手書き! 1998年製です。お店も今とはだいぶ違います。もうなくなっちゃったお店も多数。さて、地図の裏面はどうなってるかというと……

img_5621

まさかの高円寺街歩きマップ! 表裏で西荻と高円寺の地図になっていたんですね。どっちもめぐることができるわけですから、今この仕様でも、意外とアリかもしれません。

各年代に共通してるのは、できうるかぎりの情報をつめこんでいるということ。本当はもっともっと入れたいんだけど、紙面には限界があります。今回の2016年版も、入れたいけどいろいろな事情で入れられない情報や見どころ、載せたいけど載ってないお店がまだまだあります。そういう意味ではいつまでたってもこの地図は未完成なのです。
本当の完成は、地図を手に取った人自身がするのかもしれません。誰かにこの地図を手渡す時、あなた自身の西荻のお気に入りを、ぜひ追加で書き込んでください。みんなの好きな西荻がそれぞれ少しずつ違うように、人の数だけ地図があります。西荻まち歩きマップはそのベースにすぎません。

mp03

9月25日の手しごと市は「ペパニカワークショップ」

9月25日の西荻手しごと市@井荻會館では、会場2Fにてpapernica(ペパニカ)製作ワークショップを行います。

ペパニカというのは、手のひらサイズの手作りアコーディオン。小さいながらも「おっアコーディオン!」と思わずうなる音色でびっくりしますよ。紙で作るから「ペパニカ」なのです。完成したらそこに居る人たちでペパニカ合奏をします。

じゃばら部分の紙は、200種類以上のかわいい紙からお好きなものを選べます。是非皆さんも参加してマイペパニカを作って下さいね。

IMG_4068

講師は、ペパニカ考案者でアコーディオンの修復師でもあり、関西で活躍するアコーディオンユニット「リュクサンブール公園」のメンバーでもある岡田路子さん

参加は要予約。予約・問合せは西荻案内所メール(nishiogi@topaz.plala.or.jp)まで。
お名前・連絡先(電話番号)をお知らせください。

9月25日(日)西荻手しごと市

時間 10時〜 14時〜 のどちらか
会場 井荻會館(東京都杉並区西荻北4-35-9)
料金=3,500円(お茶とお菓子つき)
対象年齢=中学生以上 

参考→ http://papernica.com/

IMG_4074

ズビズバーのライブ(8/28@かがやき亭)

 

zubiいよいよ今月末8月28日は、ズビズバーのライブin西荻窪@かがやき亭
北林研二さんによるCDジャケットイラストを応用したチラシを作ったので、再度のお知らせをいたします。
名古屋の人気グループGUIROにも参加する、ettの西本さゆりさんと、龜樂四代目・ソボブキの西尾賢さんのデュオの名前が「ズビズバー」です。今回はズビズバーのCD発売を記念したライブとなります。

やさしくほっとする曲、ぐっと胸に迫る曲、バカバカしい曲まで、いろいろつめこんだ楽しいライブです。YoutubeのCDデモも文末にくっつけておきますので、ぜひさわりだけでも聴いてくださいね。

予約はまだまだ受付中。

2016年8月28日(日)19時スタート。
料金=2,500円(1drink付)
西荻ライブのご予約は西荻案内所で受け付けてます。
nishiogi@topaz.plala.or.jp(西荻案内所)
090-9234-6044(西荻案内所/オクアキ)
※お名前と緊急時の連絡先(メールor携帯番号)をお知らせください。

ちなみに当日の会場周辺は、商店会主催の盆踊りと「ウルトラクイズ」を開催してるはず。

西荻クリエイターズワークショップ開催中

夏休みの特別企画、「西荻クリエイターズワークショップ」が西荻南のヨロコビtoギャラリーで始まりました。

本日から毎日、ワークショップが行われます。2日はその第一弾、渡邉知樹/ぺぺぺさんによる「日めくりカレンダーのネタを考えよう!」でした。
渡邉さんは每年、オリジナルの日めくりカレンダーをつくっています。西荻では「服と雑貨イト」さんで取り扱っていますよ。ちょっとクスッと笑える一コマ漫画が365枚。自由に発想するアイデアの源泉はどんなところにあるのでしょう。

ワークショップ参加者は小学生から40代まで幅広く、でもそれぞれが同じ気持ちで、日めくりカレンダーのネタ出しに頭をひねりました。

まずはいきなり4コマまんがに挑戦。一気に高いハードルを越えることで、日めくりカレンダーのネタづくりはだいぶ気分が楽に。柔らかくなった頭で、つぎつぎネタがひねり出されます。

ws01

 

ならんだ作品を講評する渡邉さん。良作は次年の日めくりカレンダーに採用するとかしないとか。

どの作品も、想像力の飛躍があって、その突拍子もなさでは大人も子どもも関係ないですね。年令を問わず楽しめる楽しいワークショップでした。

さて、これから10日まで、ヨロコビtoギャラリーでは毎日ワークショップを開催します。今後のスケジュールについてはこちらのリンクをチェックして下さいね。西荻案内所の出番は6日と7日の「西荻(妄想)オミヤゲ企画会議!」です。オリジナルのオミヤゲパッケージをつくって、帰省のお土産にするもよし。

seal

会場ではお馴染みの西荻案内所グッズ『西荻観光手帖』(限定の赤版)と『西荻グルメシール』を販売しているほか、いろんな西荻グッズをあつかっておりますので、帰省前にぜひチラ寄りしてみてください。ヨロコビtoギャラリー奥のカフェも営業中です。

西荻クリエイターズワークショップ(ヨロコビto)開催

main_title

8月2〜10日、ヨロコビtoさんとの共同企画「西荻クリエイターズワークショップ」を開催することになりました。フライヤー配布がはじまっております。個々のワークショップは後日紹介しますが、ヨロコビtoさんのウェブサイトにはひとまずの情報がそろってますのでそちらを参照して下さい(http://yorocobito-g.com/workshop/)。

西荻案内所は8月6・7日に「西荻(妄想)オミヤゲ企画会議!」。
6日「オリジナル雑貨をつくってみよう!」(ふるくぼまゆ・河村アントン・ねもとなおこ・西荻案内所)
7日「新しい西荻みやげを作ろう!」(西荻案内所)
の2本立て。

2日は渡邉知樹/ぺぺぺさんの「日めくりカレンダーのネタを考えよう!

3日は會本久美子さんの「ソーマトロープで動く動物を作ろう!

4日は西谷直子さんの「空想の世界にいるキャラクターを描こう!

5日は、「西荻式ダイエット」本でお世話になったイラストレーターの鈴木勇介さんによる「似顔絵の描き方」と、西荻案内所に会った来所記念スタンプを作成したホリビッシュさんの「消しゴムはんこを作ろう!」。

6日の夜は、白ふくろう舎さんの「オリジナル仮面を作ろう!

9日は、西荻の六貨さんとギャラリーcadoccoさんの合同で「夏のいれものを作ろう!〜Summer in box, Summer in bottle

10日は、「西荻縄文ツアー」でお世話になったイラストレーターで帽子作家のスソアキコさんが「麦わら帽子につける飾りを作ろう!」。

もりだくさんのよりどりみどり! お申し込みはヨロコビtoさんへ。ご参加お待ちしております。

 

annaijyo

ズビズバー(西尾賢+西本さゆり)西荻ライブ8月28日開催

zubi

音楽ユニット・ズビズバー(ソボブキ・エット・デュオ)のCD発売を記念したライブが、生誕の地「かがやき亭」に凱旋です!

アケタの店などで活躍するジャズピアニストで、捏造伝統芸龜樂四代目の西尾賢さんと、名古屋の歌姫、ettの西本さゆりさんの二人組。

今回発売のCD、ジャケット・デザインは西荻案内所(奥秋圭)。イラストは北林研二さん。
北林さんのイラストは、高円寺のグッドマンというライブハウスで8月に展示あり。詳細はズビズバー公式サイトをチェックして下さい。

なお、CDを先に入手したいという西荻在住の方に朗報! ズビズバーCD茶舗あすかさんで購入することができます。今のところ、ライブと通販でしか売ってないですから、貴重なチャンス。茶舗あすかに行って「ズビズバーCDありますか」とお願いすると、奥の方から出してくれます。

CDにはライブ音源も入っていて、去年4月のかがやき亭(ズビズバー結成?ライブ)の時の音も使用。

西荻・かがやき亭(西荻北4-4-4)のライブは
2016年8月28日(日)19時スタート。
料金=2,500円(1drink付)
西荻ライブのご予約は西荻案内所で受け付けてます。
nishiogi@topaz.plala.or.jp(西荻案内所)
090-9234-6044(西荻案内所/オクアキ)
※お名前と緊急時の連絡先(メールor携帯番号)をお知らせください。

なお、日にちがどうしても合わない方は、前後で都内の他の場所でもライブをやりますから、そちらをご検討下さいね。8月26日(金)高円寺グッドマン27日(土)池袋バレルハウス9月7日(水)下北沢440です。

ステキイラストの北林研二さん、タンブラーに習作をあげていらっしゃってます。

曲の雰囲気を知りたい方は、こちらのYoutubeをチェックして下さいね。

写真は去年4月、西荻案内所前にて。

IMG_5822

閉所から3ヶ月・「分所」ごあんない

西荻案内所は2016年3月31日に閉めまして、はや3ヶ月が経過。今はあそこの場所がすっかり更地になってるのは、みなさんご存知かと思います。いや、更地どころの話でなく、あの場所が地面ごとなくなってるんですよね。こう書くとSFみたいですが、要するに地面が深くえぐられてるんですよ。実はあの建物、地下室があったので、新しく建て直すにあたり、その地下部分から手をつけているということのようです。

工事関係者のいなくなった夕方、安全柵の隙間から覗きこむと、その小さな更地にぽっかりと、深い穴があいていてどきっとします。なんだかんだ言っても西荻は東京23区内、この小さなスペースをどのように有効活用するか、大家さんたちも頭を悩ませているんでしょうね。
まあ、かといって、地上げ屋さんが駅前の土地をまとめて買い上げ、20階建て・30階建てのマンションが建ち並ぶような状態になるのは、果たして西荻にとっていいことなのかどうか。やっぱり街にはごちゃごちゃしたところや、スキマがあったほうが楽しいですよね。案内所跡地に限らず、駅周辺の地主さんたちにしっかりふんばってもらって、今の雰囲気が残っていったらいいなあ、五輪後も。

ちょっと脱線しましたが、今回は、転んでもただでは起きない(?)西荻案内所が、その機能を分散させてますよ、というのでいくつかお店をご紹介します。

IMG_4441

西荻案内所にあった西荻資料の主なものは、どなたでもご覧いただけるよう、「カフェモナミ」さんにあずけてあります。いわば「西荻文庫」です。ちょろっと西荻が出てくるマンガから杉並區史まで、いろいろあります。貸出はしておりませんが、店内で読んでくださいね。ケーキセットがオススメ。モナミさんありがとうございます。

IMG_4453

タウンペーパー「西荻丼」のバックナンバーは、南口の「喫茶凸」にあずけてあります。奥の部屋のマンガコーナーの一角です。でっかい段ボールのは限定各一冊の「西荻丼大全集」。かさばるのが玉に瑕。
フォルダからはみ出してるバックナンバーはお持ち帰り可能のやつです。かなり僅少となりました。凸さんありがとうございます。

IMG_45844月1日以降「西荻案内所本舗」を自称しているのは、ご存知「茶舗あすか」さん。夢飯のとなり。案内所メンバーの一人です。ギャラリーやパフォーマンスのチラシ類等はこちらの店先に少しあります。今後はこちらに、ちょっとした西荻グッズを置かせてもらったり、西荻まち歩きマップ2016(現在発行準備中!)の在庫を置かせてもらったりする予定です。あすかさんよろしくお願いします。

IMG_4537

ちなみに、地蔵坂に新しくできたお菓子屋「Kies」の入口黒板って、案内所で使ってたカレンダーボードが再利用されてるんですよ。オシャレな場所で再利用していただいてるのを見かけると、ついついうれしくなりますね。

西荻案内所、この半年の予定を近々発表。
西荻まち歩きマップ製作のほか、もう時期が近いですが、夏休みのワークショップ、秋の暗渠イベント「西荻ドブエンナーレ(仮)」を計画しております。

ひきつづきどうぞよろしくお願いします。

ガネーシャガルさんの店舗案内つくりました。

 

gane

 

3月末に西荻案内所を閉めてから少しずつ、西荻内のお店からお仕事をいただいております。関根橋のすぐそば、インド料理の名店「ガネーシャガル」さんのお店案内フライヤーを作らせてもらいました。

ganesha

いろんな場所で置いていただけるよう、ハガキ大の二つ折りにしました。西荻エリアでは大げさではなく3ヶ月に1軒くらいのペースで、日々カレー屋さんがオープンしまくっておりますが、なぜかどこも、チラシのテイストが一緒なんですよね。インド・ネパール料理専門の代理店でもいるのでしょうか(どうやらそういうのが本当にあるらしいです)。

よくあるインドカレー屋さんのチラシっぽくならないように注意しつつ、高級感がありながらやわらかい印象にしてみました。

写真の一部は私が撮影しておりますが、中面のメイン写真やタンドリーチキン、デザートの撮影は、Sakai Keikoさん。(ちなみに表紙面のスペシャルターリーセットとスタッフさんスナップは、わたくし撮影です)

表紙面にあるかわいい象のイラストを描いたのは、松岡美由起さん。松岡さんは、実は西荻でお店をやっている方。関根橋のそばのカレー屋さん。そう、ガネーシャガルのオーナーさんなのです! こんな特技を持ってらっしゃるとは!

IMG_2624

こちらはフライヤーに使われなかったビリヤニの写真(わたし撮影)。おいしいのでこちらに掲載(笑)。

***

西荻案内所ではお店のフライヤーやショップカード、メニュー表などデザイン印刷等うけたまわっておりますので、お気軽にお問い合わせください。近くにいるので、ちゃちゃっとお店にうかがいますよ。

お問い合わせ:nishiogi@topaz.plala.or.jp(西荻案内所)

そうそう、カフェモナミさんのメニュー表も、西荻案内所でリニューアルしております〜IMG_4436

 

 

 

2016チャサンポー情報(西荻物産展)

6月4日と5日はチャサンポー/西荻茶散歩。
西荻案内所はgallery cadoccoの「西荻物産展」でちらっと復活します。
西荻物産展の内容の一部をTwitterで連投しましたので、
こちらにも転載しておきますね。

 

 

 

cha

gallery cadocco「西荻物産展」、今年は「帰ってきた西荻案内所」!

image

今年もいよいよ「チャサンポー/西荻茶散歩」が来週(6月4日5日)に近づいてまいりました。gallery cadoccoさんでは每年この時期、「西荻物産展」という展示イベントを開催しておりまして、いつも楽しみにしてまいりましたが、今年は西荻案内所が限定復活と相成りました。名づけて「帰ってきた西荻案内所」。

第6回 西荻物産展
2016年6月4日(土)〜12日(日)
12:00-19:00 (茶散歩の4&5のみ 11:00-)

西荻名物のお菓子や珈琲豆、西荻モチーフのアクセサリー・雑貨などの展示販売のほか、西荻案内所所員が会期中は常駐。オススメをご案内いたしますよ。

西荻案内コーナーの設置や、西荻案内所プロダクトの本・CD販売のほか、チャサンポーの4日5日には、西荻好きによる西荻案内ミニツアーも実施します。1時間位のツアーで参加費は300円。3人位で随時出発。またチャサンポー企画として、「西荻式ダイエット」のイラストでもおなじみ、イラストレーターの鈴木勇介さんによる似顔絵コーナーを設置します。

【会場】

gallery cadocco
東京都杉並区西荻北3-8-9
tel 03-6913-7626
http://cadocco.jimdo.com/

image2