2/18ヘムさんのモモ教室 予約受付中

関根橋にあるカレー屋さん「ガネーシャガル」のかがやき亭での臨時営業も、日数がだんだん少なくなってまいりました。のこすところあと、14(火)、15(水)、19(日)、20(月)の4日間です。

そして17(金)は、ネパールトーク&映画『カタプタリ~風の村の伝説~』イベント(詳細はこちらとなります。カレーつき1500円(+1ドリンクオーダー)のオトク企画。予約受付中です。

そして急遽、18日(土)の夜に、もう一つイベントをやることになりました。
その名も「ヘムさんのモモ教室」。
今回いろいろあっての臨時営業なわけですが(こちらご参照のこと)、やっぱり元の店舗でできないことをなにかやろう、というところでいろいろ考えました。もともとガネーシャガルは「インド料理」のお店なわけですが、今回はスタッフさんたちの故郷である「ネパール」の料理にフォーカスしていこう、ということになりました。提供しているターリーもどことなく「家庭料理」。チャパティの気取らなさ、今回食べていただいた方ならわかると思います。
そして、もともとのガネーシャガルのメニューにはないネパール料理「モモ」を提供しておりまして、なかなか好評を博しております。

モモはネパールの餃子というか小籠包というか。餡を皮で包んでそれを蒸す料理。ほわほわ湯気立つそれを、専用のソースにどぶっとつけて食べるのです。ネパールに行くと、バザールには必ずモモ屋があって(三木のり平が佃煮売ってるわけではありませんよ)、一日中モモをふかしているのだそう。

ガネーシャガルでは通常提供していません(ときどき出してたらしいですが……)。今回限定のガネーシャガルのモモは、スタッフの一人、ヘムさんの手作り。実は、西荻にあるインド・ネパール料理屋さんにはモモを出しているお店がいくつかあるのですが、そのどれよりもヘムさんのモモは大きい! 満足感たっぷり、こんなん家でも作ってみたい!……と思ったのは私だけではないはずっ……!という思い込みから、ついに、「ヘムさんのモモ教室」をやってもらうことになりました。

ネパールの屋台料理・家庭料理モモ。
ほわほわ湯気立つアジアの香り、
ご家庭でチャレンジしてみませんか。
ガネーシャガルのコック・ヘムさんが
おいしいモモのつくり方をお教えします。

2月18日(土)18:30-
会場:かがやき亭(杉並区西荻北4-4-4)
2,000円(ドリンク付、材料費込)
参加予約=nishiogi@topaz.plala.or.jp (西荻案内所)

エプロンなどはご持参下さい。

 

2/17【映画とおしゃべり】西荻窪に活きているネパール

ただいま実施中の「ガネーシャガル in かがやき亭」。西荻エリアでは「老舗」といえるインド料理店「ガネーシャガル」が店舗の改装と修繕に伴い、かがやき亭に臨時出張中です(詳細はこちらにも書いてます)。
臨時営業にいたるまでの調整の中で、スタッフさんたちとかがやき亭でランチしてたら、たまたまそこに、善福寺でアートスペース「あなたの公-差-転」を運営しているメンバーの一人、太田エマさんがいらっしゃいました。

エマさんは、異文化交流や世代間交流などをテーマに活動しているアートコーディネイター/キュレーターで、ディスロケイトというポリティカルなアートプロジェクトのオーガナイザーでもあります。
ガネーシャガルのピンチについてお話ししたら、「なにかやりましょう!」と即答、あっという間にこの企画をコーディネートしてくださいました。

前半は日本に住むネパール人の現在についてのおしゃべりタイム。食事(たぶんネパール料理バイキングになりそう)のあと、ネパールを題材にした映画『カタプタリ~風の村の伝説~』の上映会となります。

知ってるようで知らない杉並/西荻のネパール人の皆さん。そもそも西荻のカレー屋さんにはネパールのお店が多いのです(ラヒさんがパキスタン、クマルさんがバングラデシュで、他はネパール人スタッフのお店だったはず)。

いつもにこやかなガネーシャガルのネパール人スタッフは全員、ダウラギリ県バグルン郡の出身なのだそうです。ダウラギリといえば、知る人ぞ知るヒマラヤの8000メートル峰(一番下に写真あり)。サンスクリット語で「白い山」という意味。加賀白山とかモンブランとかと同じですね。バグルン郡はダウラギリ山からは少し離れていますが、それでもよく見えるそうです。さすが世界第7位の高峰。ちなみにバグルン郡まではカトマンズから車で13時間もかかるそうですよ。帰省も一苦労です。そんなところからはるばる西荻までやってきたみなさん、このまちでどんなふうに生活をしていらっしゃるのでしょうか。
そんなお話を聞きつつ、ネパールの家庭料理をいただきながら、ネパール映画を見る。盛りだくさんの企画です。

なお、おあずかりした参加費の一部(500円)はネパール難民支援の基金への寄付となります。

以下、太田エマさんによるテキスト。

▼▼▼
杉並区では14,408人の外国の方が住んでいます。そのうち1,455人はネパール出身の方です。阿佐ヶ谷と荻窪にはネパールの小学校があり、中央線沿い、特に西荻窪ではネパール人によるカレー屋さんも有名です。隣に住んでいるネパールの方は日本でどのような思いで生活を送っているでしょうか?どのようなコミュニティに所属しているでしょうか?ネパールの大切な記憶・つながりをどのように日本に住んでいる人に伝えようとしているでしょうか? 

国の代表としてではなく、隣人として向き合って、新しいつながりをカレー、映画とおしゃべりを通して作っていきましょう。

西荻窪に活きているネパール
2月17日(金)18:00-
参加費:1500円(カレー付き)+1ドリンクオーダー
会場:かがやき亭 〒杉並区西荻北4-4-4(JR中央線西荻窪駅から徒歩7分)
事前予約: https://coubic.com/kosaten/325426 // nishiogi@topaz.plala.or.jp

18:00-19:00 トークイベント 
19:00-20:00 ネパール料理
20:00-21:00 上映会 『カタプタリ~風の村の伝説~』

『カタプタリ~風の村の伝説~』 中編劇映画(51分)伊藤敏朗監督
神の山から降りてきた妖精と、人間の子どもの心の交流を描いたファンタジー。ネパールの農村文化や、カトマンズ渓谷の伝統的街並み保存活動、環境問題などを取り上げつつ、 人が天啓として与えられた心のあり方について静かに訴えた作品。ガネス・マン・ラマ主演。
http://www.rsch.tuis.ac.jp/~ito/kathputali/

主催:インド料理ガネーシャガル/西荻案内所
共催:あなたの公-差-転、1>>of<<U www.kosaten.org

nepal-388_960_720

ガネーシャガル in かがやき亭スタート!

関根橋のインド料理店「ガネーシャガル」さん、いま店舗改装でお休み中。

というのも、先日のチョー寒かった日、水道の配管が破裂しちゃって、店内が水びたしになってしまったんだそうです。復旧には2月いっぱいはかかってしまいそうだとのこと。

その話を聞いてふと、西荻北の「かがやき亭」さんが、夜の時間帯を利用する人を探していたことを思い出しました。店舗での営業ができない期間、夜のかがやき亭で出張インドカレー屋さん。そういわれてみれば、カレー激戦区の西荻にあって、東京女子大方面にはなぜかインドカレー屋さんがないんです。(そのかわりパン屋は超激戦区)。

というわけで、条件が整いまして、西荻北4-4-4のかがやき亭(覚えやすい住所!)で、ガネーシャガルさんが夜だけ臨時営業をすることになりました。営業時間は18時〜21時30分(LO)

ナンを焼く窯はかがやき亭に持ってこられないので、今回のかがやき亭メニューではナンの替わりにチャパティだったりと、いろいろ制限はあるのですが、それを逆手に、いつもよりも「ネパール」に寄ったメニューになっているようです。

それというのも、いつもにこやかなスタッフさんたち、みなさんネパール出身。インドの一流ホテルなどで修業をしてインド料理を学び、はるばる日本にやってきました。お話を聞いてみたらみなさん、同じ地域の出身なんだって。ダウラギリ県バグルン郡。ヒマラヤ8000メートル峰と同じ名前を持つ県。どんな場所なのかとっても興味深いですが、それはまたそのうちに。

メインはターリーという、いろいろ載ったプレートです。今回は場所のアットホームさにあわせて、なんと1000円で出すんですって。今日(2月1日)が初営業で、さっそくいただいたのですが、圧倒的ボリュームと満足感。超オトクです。ネパール料理のプラウ(ビリヤニみたいなやつ)にチャパティ、カレーにサブジ、サラダにそれから、想定より辛い漬物(名前がわからないけどインド料理屋にいつもあって、食べるときについ油断してしまうアレです。写真中段左)。

IMG_5801

もう一つのメニューがモモ。これはネパールの餃子というか小籠包というか。
西荻にあるネパール系のインドカレー店にも、モモを出している店はあります。でもたしか、ガネーシャガルにはモモはなかったはず。それもそのはず、今回のかがやき亭臨時営業のために、あらたにつくってみたんだとか。ガネーシャガルのモモ、大粒で具もみっしりと入って、満足感の高い仕上がりになっております。一人で行って頼むと、モモだけで腹一杯になること確実です。6つで700円。

IMG_5798

その他、インドビールや、ネパールビールのエベレスト(エベレストから来た水でつくっているらしい)もあります。
ラッシー・チャイ・マンゴラッシーは300円。

そうそう、カレーは600円でテイクアウト可。モモもテイクアウトできます。
テイクアウト希望の際は、営業時間中に070-5544-2460に連絡すれば用意するそうです。これはうれしい!

西荻案内所は全力応援!スタッフさんの故郷、ネパールのことがわかる展示など企画中。17日にはトークイベントとネパール関連映画の上映会を実施する予定。詳細は明日あたりに。こちらに告知あり)

営業予定日は以下の通り。

2月
1(水) 2(木) 3(金) 5(日)
6(月) 9(木) 12(日)
13(月) 14(火) 15(水) 17(金) 19(日)
20(月)
全13日間

営業時間は18時〜21時30分。

さーて今年の農事暦は?

nojireki

 

毎年、農協で「農事暦」という暦をいただいています。これはJA東京中央に口座を持っているとか、一定の条件でゲットすることができるようです。私事ですが、東京暮らしは25年、西荻暮らしは10年になります。農協の口座を持ったのは西荻に来てからのこと。大家さんのメインバンクが農協だったので、それにあわせてつくりました。まさか東京で農協の口座を作ることになるとは思いませんでした。

占いのたぐいはあまり信じないようなふりをしながら、実はけっこう好きです。文字や言葉や時間や配置に秘められた意味が象徴している事柄から、一定の方向が導き出されるというのは、なかなか興味深いです。

農事暦に注目するきっかけとなったのは2011年版の「世相を占う」コーナーを、2011年の年末に再読した時でした。サラリと「津波に注意」とあったわけです。これにはちょっとこわくなった。さて昨年(2016年)版を見ますと、丙申(ひのえさる)は「火」の性で、よくも悪くも、のびる、ひろがるという年まわりだったそうです。みなさんはどうでしたか。また、「火事に注意」とのことも書いてあって、糸魚川の大火事が頭をよぎり、これまたこわくなりました。

さてそして気になる今年。2017年は丁酉(ひのととり)となります。ひのとは丙(ひのえ)につづき「火」に関連します。丙のときに広がったものがどうなるか。それが「丁(ひのと)」です。丁は、抵抗勢力旧来あったものと入れ替わり台頭する年なのだそうです。
そして酉が「醸造」に通じる、という解説があって、ほほうと思いました。酉は「発酵」の年回り。仕込みはすでに終わり、その次の段階へ向け力を静かに力を蓄える時期。また酉すなわち鶏は「おしゃべり」で「鳴く」ものでもあります。また酉は西荻の「西」に通じます(形だけじゃなく方位としても西を指します)。

そこから先は占い師がそれぞれ解釈するところですが、「農事暦」さんによると、大雨・洪水・食中毒あたりに注意とのこと。それから交流型の社会現象ブームの暗示、環境刷新の苦難、などなどということが書いてありました。

農事歴の九星占いによると、九紫火星の私は9年に一度の大盛運だそうです。ただし全て自分の力と過信すれば運気はダウン、とのこと……。

みなさま、本年もよろしくお願いします!!!!!

「ニシオギ水ノオト」再公開!

2016年11月3〜23日に、アートイベント「トロールの森2016」にあわせて開催した「西荻ドブエンナーレ」。西荻各地でドブや川や水に関するイベントを実施しました(詳細はこちらこちら あとこちらなど御覧ください)。ご協力・ご参加いただいたみなさま、御礼申し上げます。

さて、その中のコンテンツの一つが「ニシオギ水ノオト」。水に関する場所30ポイントにQRコードを設置、スマホで見ると、その場所の過去/現在/未来がわかるというものでした。

西荻ドブエンナーレの会期終了後に、設置したQRコードは撤収してしまいましたが、コンテンツはせっかくつくったので調整の上、再公開することにします。

「ニシオギ水ノオト」をもう一度見たい方、いくつか行ったけど回りきれなかった方、QRコードが不調だった方(もうしわけありません)、そもそもスマホを持ってなかった方、っていうかそもそも「ニシオギ水ノオト」も知らなかった方。そんなみなさんにオススメ。寝正月の間にこたつで水ノオトめぐり、いかがでしょう。

ニシオギ水ノオト入口はこちら
http://nishiogi.in/dobuennale/

cwzwjdwuaaa1k0k

西荻南北歌合戦2016

2年近く前に書いた「西荻妄想プロジェクト」の中のひとつ、「西荻南北歌合戦」。この企画、寝かしすぎてすっかり忘れていたのですが、いぬんこさんが「歌合戦やろうや〜」と言い出し、ついに先日、実現しました。初回なので、個人のFacebookと口頭でのみ告知の、内々での開催といたしました。気にしてたのに声がかからなかったぞという方、(もしいたら)なにとぞご容赦下さい。

西荻の南北を分断する中央線、そこを境目にグループ分けし、住民・店主などが歌合戦をする、というのは、井荻會館の片隅にカラオケのマシンがしまってあるのを見つけて思いついたことです。あと、大宮前春日神社の秋祭りの演芸大会(その様子はこちら)の影響も大きいです。
局地的にはもりあがっても全体の一体感がないところが、良くも悪くも西荻の「持ち味」なわけですが、それをごちゃまぜにするような年末の交流イベントというのを前から考えていたのです(案内所を始める前の2012年には、井荻會館を借りて「西荻大忘年会」というのをやったこともありました)。

さて、告知開始から、あっという間に会場の定員数に達してしまい、早々に募集締め切り。そんなタイミングでいぬんこさんから送られてきた1枚の写真。

15750378_1093231857442727_1551548439_n

あすか杯」です。西荻南北歌合戦のMVPに贈呈される、ということになりました。

さて、そんなわけで北口にある某カラオケ店の一番大きな部屋に、歌好きたちが集結。歌う曲がかぶらないように事前調整した上で、歌いも歌ったり、全部で45曲。

大会審査委員長のあすかさんによる初カラオケ『赤色エレジー』のあと、厳正なる抽選により順番が決められました。

トップバッターになってしまった私は、自信ありの『北風小僧の寒太郎』の出だしを、緊張のあまり二度もミスってしまい、のっけから北チームの足をひっぱります。一方南チームは、みっちゃんの『ヤマトナデシコ七変化』、喫茶店主の『天体観測』、チャンキー松本さん『硝子の少年』で高得点を連発、前半戦をリードします。後半は北も、町内会長の『夢見る少女じゃいられない』、元喫茶店主『オリビアを聴きながら(ハナレグミ)』、イラストレーターの『仮面舞踏会』で巻き返しを図りますが、南の刺客、ともくんがピアニカで参加。レギュレーションの隙をついたヨハン・セバスティアン・バッハ『シャコンヌ』のピアニカ版独奏を7分に亘って演奏、なんとこれが大会最高得点の10点をたたきだし、北チームを突き放します。
最後は北チームメンバー総出による『Hey Jude』で心を揺さぶられた大会審査委員長が、レギュレーションを無視し大量21点を進呈するも南に1点及ばず。第1回西荻南北歌合戦は、176×175で南チームの勝利となりました。

img_5693%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

栄えある「あすか杯」トロフィー受賞第1号は、厳正なる審査の結果、シャコンヌのともくんに決定。歌合戦なのに歌ってない人が勝つという、予想のナナメ上を行く展開でした。最後は全員で『世界に一つだけの花』を合唱するという、タイムリーでベタな展開。そのあと一丁〆で閉幕しました。

これは次回(つまり2017年末)もありそう。ひとり1曲で勝負、審査ももうちょっとだけゆるくなくして、当初の妄想通り、もっと大きな会場をおさえる必要はあるでしょうね。西荻に数十人入って大きな音を出していい場所といえば、どこらへんかしら。その時はもうちょっと大きく告知しますので、われこそはという方、次はぜひ。

1月22日ペパニカワークショップ(手しごと市にて)

2017年1月22日の西荻手しごと市@井荻會館で、papernica(ペパニカ)製作ワークショップを再び開催!

ペパニカというのは、手のひらサイズの手作りアコーディオン。小さいながらも「おっアコーディオン!」と思わずうなる音色でびっくりします。紙で作るから「ペパニカ」なのです。完成したらそこに居る人たちでペパニカの合奏をします。

じゃばら部分の紙は、200種類以上のかわいい紙からお好きなものを選べます。是非皆さんも参加してマイペパニカを作って下さい。

講師は、ペパニカ考案者でアコーディオンの修復師でもあり、関西で活躍するアコーディオンユニット「リュクサンブール公園」のメンバーでもある岡田路子さん

参加は要予約。予約・問合せは西荻案内所メール(nishiogi@topaz.plala.or.jp)まで。

*12月25日 定員につき、予約終了いたしました。

 

5月22日(日)西荻手しごと市

時間 10時〜 14時〜 のどちらか
会場 井荻會館(東京都杉並区西荻北4-35-9)
料金=3,500円(お茶とお菓子つき)
対象年齢=中学生以上 

参考→ http://papernica.com/

ちなみに岡田さん、12月10日土曜日には大阪の教会にて、ペパニカでベートーベン第九交響曲の演奏会をやるんですってよ。(詳細こちら
img_3527

「西荻ドブエンナーレ」折り返し

11月3日から始まった「西荻ドブエンナーレ」、あっという間に折り返し地点。9日にはアトリエすゞ途の「暗渠モノ市」も始まりました。14993415_655351074632935_2853475594053264219_n

こちらはマンホール風の蓋がついた、土管型カップ。質感もすばらしいです。

14925720_655351441299565_5274245088695838860_n

暗渠蓋型箸置きを並べると、「どこでも暗渠」の完成。車止めもあります。

14956530_654719278029448_4055889955331384735_n

こちらは金太郎車止めマーク入りの暗渠風景皿。
彼方にある風景に思いを馳せる、うつくしいお皿。

この記事を読んでいる方はたいていご存知かと思いますが、杉並区内の暗渠にはなぜか、金太郎の絵が描いてある車止めが設置されているのです。それがモチーフになっています。

さて、このあとのイベント予定。

tenguyu_bira

 

善福寺川はドブ!? 〜知ってるようで知らない川のこと
11月18日(金)19時スタート
会場:まちレストランかがやき亭(杉並区西荻北4-4-4/西荻窪駅北口徒歩7分)
出演:
中村晋一郎(名古屋大学講師)
滝澤恭平(編集者・水辺総研)
やとじぃ 平田英二(練馬区区民学芸員) ほか

「善福寺川を里川にカエル会(通称:善福蛙)」のメンバーが、善福寺川とその周辺の現在をリポート。また、善福寺公園「夢水路」計画などを取り上げていきます。ええーっと驚く以外な事実が出てきたり、「正しい」と思っていたことがひっくり返ったり。善福寺川の過去・現在・未来を見渡しながら、まちのことや川のことを共有できればと思っています。

舞踏と詩のスペシャルパフォーマンス「リバー詩振る」も上演。
出演は西荻在住の詩人、田中庸介さんと、西荻在住の舞踏家、ソらと晴れ女さん。西荻の風景を見つめてきた二人の出会う、水の風景が幻出します。
こちらもお楽しみに。

「善福寺川はドブ!? ~知ってるようで知らない川のこと」
11月18日(金)19時スタート
会場:まちレストランかがやき亭(杉並区西荻北4-4-4/西荻窪駅北口徒歩7分)
出演:
中村晋一郎(名古屋大学講師)
滝澤恭平(編集者・水辺総研)
やとじぃ 平田英二(練馬区区民学芸員) ほか
(舞踏と詩のスペシャルパフォーマンスあり)
予約問合=西荻案内所
nishiogi@topaz.plala.or.jp

book

 

11月19日(土)18時30分からは
「ド本 ドブに深くハマる本」トークショー(会場:信愛書店en=gawa)
です。
暗渠愛好家のアニメ監督大地丙太郎、下水道写真家白汚零、『東京「暗渠散歩」』の本田創、『暗渠マニアック!』吉村&高山による「お勧め『ド本』トークショー」
また信愛書店では、23日まで「ド本フェア」実施中!
暗渠関連書籍が勢揃い。
関連書籍のお買い上げで、特製『暗渠マニアック!しおり』プレゼント中です。

大地監督の幻の自主製作アニメDVD『まかせてイルか!」(文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞)、大地監督のプライベートコレクションから今回特別に蔵出しし、5本限定で「定価販売」しています。

出演:
本田創(『東京「暗渠」散歩』編・著者)

大地丙太郎(アニメ監督)
白汚零(下水道写真家)
吉村生(暗渠研究家)
髙山英男(自称・中級暗渠ハンター)
500円おまけ付き。
予約問合=信愛書店 shinaishoten@gmail.com

暗渠的なるもの写真展(喫茶凸)
金曜土曜のDOBUBAR凹
カフェモナミのドブックカフェ
かがやき亭の善福蛙展
天狗湯の暗渠アート展

もひきつづき開催中。

まちめぐり企画「ニシオギ水ノオト」もやってます。
マップはこちらから。

ニシオギ水ノオトMAPができました。

 

ニシオギ水ノオトMAPいよいよはじまる西荻ドブエンナーレ。盛りだくさんの各種イベントはこっちの投稿を見ていただくとして、11月3日〜23日の会期中は「ニシオギ水ノオト」をやってます。

西荻各地30箇所にパネルを設置します。このポイントはすべて、水に関係のある場所です。善福寺川界隈や、西荻のお水を使ってお仕事をされている方、川の痕跡など。そのパネルにはそれぞれQRコードがついてまして、その地点の過去/現在/未来に関する情報が、テキスト・イラスト・写真・動画などで得られます。

リンク先のコンテンツは、ゆるめのものからハードめなものまで、各種とりそろえてますので、ぜひまわってみて下さい。

ニシオギ水ノオトのポイントは、期間中に配布のニシオギ水ノオトMAPに書いてあります。西荻ドブエンナーレのイベント実施店や、茶舗あすか、駅前ラック(予定)などで入手することができます。

cwfsv8hwcaawwidなお、初回刷りは700枚限定で、年季が入ったヤケのビンテージわら半紙に印刷しています。宝さがしの気分になれます。この紙は荻窪・八丁の文具店「市川商店」さん(出桁造りの建築:当時。今はセブンイレブン)が閉店するときに販売をしていたデッドストックもので、いつ使おうかと、ずっとタイミングをうかがっていたものです。

ところで、西荻の地図って何度かこしらえてるんですけど、今回の地図はこれまでで一番範囲が広いです。善福寺池の源流「遅乃井」から、大宮前の慈宏寺まで。宮前に長く住んでる人って、けっこう「西荻が地元」という意識が強いんです。南口のすぐのところから春日神社の氏子地域ですし。でも「西荻まち歩きマップ」では、住宅街を入れるより善福寺公園を入れることを優先せざるをえなくって、慈宏寺と春日神社は矢印だけ……。宮前の方にはいつも、もうしわけないっ……という気持ちでいたのですが、今回ついに、善福寺から宮前までがひとつなぎの地図になりました。今川あたりもフォローできたら完璧でしたが、それはまた次の機会に。

この範囲を情報とともに1枚の紙におさめるにあたって、ひと工夫しました。それは全体を40度くらい左旋回すること。中央線がナナメに走ってます。そうすると善福寺川や松庵川、青梅街道に五日市街道がほぼ左から右へとなって、整理がしやすかったんです。

きっちり東西に走る中央線ってのがそもそも、武蔵野台地の形状を無視しているということが、よくわかります。中央線にしばられず、水の流れを軸にした地図だから、これですんなりしました。吉祥寺やその先の駅のマス目街路も、東西軸からだいぶ傾いるのが地図でわかりますが、おそらく同じ理屈でしょう。

普段の地図に慣れてると、「えっと今どこ?」となってしまうかもしれませんが、脳みそを切り替え、大地の道理に根ざしたイメージを得ると、違った風景が見えてくるかもしれません。

 

西荻ドブエンナーレ 11月3−23日開催!!

 

dobumain

twitterInstagramFacebookページではすでに告知を開始しておりますが、2016年11月3−23日西荻ドブエンナーレを開催します!!!!!

そもそも、善福寺公園で毎年開催しているアートイベント「トロールの森2016」の、西荻と善福寺をつなげる「まちなか企画」の一つとして準備を始めたのですが、気づいたら「トロールの森」事務局を呆れさせる盛りっぷりになってしまいました。

巷で大はやりのアートフェス、日本全国どこに行ってもビエンナーレやトリエンナーレが花盛り。そこから「エンナーレ」だけ取り出したら意味がなくなっちゃうわけですが、「ドブ」とくっつけると別の意味が出てきました。ドブから何が出てくるか、乞うご期待。大分で「トイレンナーレ」ってのをやったことがあるという話を小耳に挟み、同じようなことを考える人がいるんだなァ、とちょっとうれしかったです。

さて本題。

西荻ドブエンナーレです。

とりあえず、全コンテンツをざっくり紹介します。
まずは序文から。

ドブ=人工的に改修された河川、と定義します。大昔から人間は、水の流れをどうにかあやつることで生活圏をこしらえ、都市を整備してきました。西荻ドブエンナーレは、「ドブ」を通じて見える地面の歴史、人びととドブとのかかわりなどを探りながら、解きほぐしていくことを目的とした「アートプロジェクト」です。
***

コンテンツ紹介1
ニシオギ水ノオト(西荻案内所×暗渠マニアックス プレゼンツ)
西荻の水辺やドブを回遊するスペシャル企画です。まずは、水辺やドブや暗渠のポイントが示された別紙「ニシオギ水ノオトMAP」を入手してください。地図はイベント会場各所、善福寺公園サービスセンターほかで入手できます。MAPに示されたポイントに実際に行くと、QRコード付きパネルが掲示されています。QRコードをたどると、その場所の過去/現在/未来などの情報が得られます。

main

コンテンツ紹介2 11月3〜23日@信愛書店
西荻ドブエンナーレ×信愛書店コラボ企画
『ド本~ドブに深くハマるための本』フェア
暗渠好きの作家達お勧め『ド本』(ドブを深く理解するための本)を集めてご紹介。

コンテンツ紹介3 11月19日(土)18:30-@信愛書店en=gawa
ド本〜ドブに深くハマるための本 トークショー
料金=500円(おまけ付)
予約問合=信愛書店(shinaishoten@gmail.com
「ドブ」と言っても、人によって頭に浮かぶものはさまざま。いろいろな捉え方があり、さまざまな想いの交錯するのが「ドブ」。多彩なゲストがそれぞれの「ドブ」を語ります。
本田創(『東京「暗渠」散歩』編・著者)
大地丙太郎(アニメ監督)
白汚零(下水道写真家)
吉村生(暗渠研究家)
髙山英男(自称・中級暗渠ハンター)

dobon01

コンテンツ紹介4 11月5日(土)19:00-@数寄和
凸凸凹トーク〜中世の城と古道と暗渠からみるまち
料金=1500円(ドリンク付)
予約問合=西荻案内所(nishiogi@topaz.plala.or.jp

謎多き中世。中世の城(とっても凸)と、中世の道(ちょっと凸)、それから水路(凹)という、異なる3つの視点から、その土地の過去を読み解いていきます。すぐさままち歩きにいきたくなるような、マニアックで豊かなトークをどうぞ!
荻窪 圭(古道研究家)
駒見敬祐(杉並区郷土博物館学芸員)
吉村 生(暗渠研究家)

dekodeko

コンテンツ紹介5 11月6日(日)13:00-@善福寺公園上ノ池クヌギ広場
水辺の茶話会〜水車と奏でる、おしゃべりと音楽
トロールの森2016で水車作品を出展する栗田昇と、「音楽水車プロジェクト」を主催するミュージシャン岡淳の、水車をめぐるトーク。西荻窪駅前・茶舗あすかのお茶とともに。
栗田 昇(造形家)
岡 淳(ミュージシャン)
髙山英男(自称・中級暗渠ハンター)

suisha

コンテンツ紹介6 11月13日(日)18:00open 19:00start @copo do dia
リオデジャスイロ!〜ブラジルの暗渠をめぐる
料金=1,000円+オーダー
予約問合=copo do dia(03-3399-6821  cafecopododia@gmail.com
ブラジル滞在経験豊富で、しかも暗渠好きな浅川宏樹が、リオデジャネイロの暗渠と地形について、現地の写真などを元におしゃべりします。聞き手は『暗渠マニアック!』の髙山英男と吉村生。
浅川宏樹(サックスプレイヤー)

髙山英男(自称・中級暗渠ハンター)
吉村 生(暗渠研究家)

rioコンテンツ紹介7 11月3−23日@天狗湯(金曜休)
暗渠アート展
松庵川暗渠沿いにある銭湯・天狗湯のロビーに、新進気鋭の暗渠アーティストたちが集結! 暗渠をこよなく愛する3人が、それぞれのアプローチで暗渠に思いを馳せます(展示を見るだけの入場可)。
参加アーティスト=anzutann、さくらいようへい、緑郎(暗渠中学生)

tengu02

コンテンツ紹介8 11月5日(土)@天狗湯
一輪の書(演劇公演)
料金=1,500円(ドリンク付)
作・演出=高野竜
出演=泉田奈津美 嵯峨ふみか 亜麻野こよみ
予約問合=西荻案内所(nishiogi@topaz.plala.or.jp
浦和を流れる藤右衛門川、その上流にある暗渠を題材にした芝居『一輪の書』が、松庵川の暗渠沿い・天狗湯に登場。終演後は作者による作品解説と、暗渠ハンター・髙山英男による作品背景の解説付き。

tengu03コンテンツ紹介9 11月3−23日@かがやき亭(日曜休)
善福蛙展
善福蛙の活動をパネル展示。
井荻小児童による「みんなの夢水路」計画イラストも掲示予定。

kaeru02

コンテンツ紹介10 11月18日(金)19:00−@かがやき亭
トーク「善福寺川=ドブ!?〜知ってるようで知らない川のこと」
スペシャルパフォーマンス「リバー詩振る」
田中庸介(詩人)×ソらと晴れ女(舞踏家)

料金=1000円(ドリンク付)
予約問合=西荻案内所(nishiogi@topaz.plala.or.jp
「善福蛙〜善福寺川を里川にカエル会」のメンバーが、善福寺川とその周辺の現在をレポート。井荻小児童の呼びかけから始まった善福寺公園「夢水路」計画のことから、今すぐできる洪水対策まで。
中村晋一郎(名古屋大学講師)
滝澤恭平(編集者・水辺総研)
やとじぃ 平田英二(練馬区区民学芸員) ほか
『リバー詩振る』〜西荻在住の詩人と舞踏家が、この日かぎりのスペシャルコラボ。西荻の風景をながめ続けてきた二人が出会うものとは。

kaeru03

コンテンツ紹介11 11月3−23日 @喫茶凸(木日休)
西荻丼×西荻ドブエンナーレ企画
暗渠的なるもの写真展
今現在とかつての風景をつなぐもの、あるいはつないでいたけれど、もうなくなってしまったものを、「暗渠的なるもの」と名付けてみました。暗渠的なる写真募集中!西荻の、昔の風景の痕跡、看板や建物などの写真をご提供ください。
写真は喫茶凸に持込または、 nishiogidon@gmail.comまで

コンテンツ紹介12 金曜土曜限定(4・5・11・12・18・19日)@喫茶凸
DOBUBAR凹
巷で噂の暗渠カレーほか、いつもの喫茶凸がDOBUBAR凹になって、限定メニューでおもてなし。

deco02

コンテンツ紹介13 11月9-23日 @アトリエすゞ途(月水木休)
暗渠モノ市
「ドブ」関連グッズの展示販売。12・13・19・20日はマンホール蓋のマグカップカバーを作るワークショップ開催(14-18時)。所要時間30分 1500円(税込)。 予約03-5938-3888

suzuto

コンテンツ紹介14 11月3−23日 @カフェモナミ(火曜休)
ドブックカフェ
厳選した「水」「川」「ドブ」に関するオススメ本が閲覧できるカフェ。西荻関連文献も多数蔵書しています。

bcafe 

こちらは偶然時期が重なった企画。なのでこのさい「関連企画」にしちゃいました。西荻ドブエンナーレ・メンバーの西荻案内所と暗渠マニアックスが出演します。
コンテンツ紹介15 11月12日(土)19:00- @西荻地域区民センター

杉並区観光まちづくりシンポジウム
すぎなみ「道草のススメ」
久住昌之さんと語る西荻滋味さんぽ
奥秋圭・吉村生・髙山英男・高山洋介 出演
*杉並区まちづくり推進課主催企画

道草のススメ3 チラシ④案校正1005

全体のカレンダーはこのようになってます。

calendar

 

各会場の地図と、言わずと知れた西荻への行き方もチラシに載せてます。
地方のアートフェスって会場アクセスが必ず載ってます。アレのつもり。

map

 

『暗渠マニアック!』著者による「荻窪暗渠展」も荻窪で開催中。
コンテンツが多くて今日は力尽きました。西荻ドブエンナーレのFBページ等で、またひとつずつ紹介していきますので「いいね!」してくださいませ。